万馬券への道

2011年05月23日

先週のトラバブログ

まずは東海ステークス

稀に的中?3代血統で重賞予想さん
○ワンダーアキュート1着
×シルクメビウス3着

やはり勝負は3連単!さん
○ワンダーアキュート1着
×ランフォルセ2着
×シルクメビウス3着

うまのりの結果
◎バーディバーディ6着
○ゴルトブリッツ5着
▲テスタマッタ4着
△メダリアビート12着
△ランフォルセ2着


次にオークス

やはり勝負は3連単!さん
◎ホエールキャプチャ3着
×エリンコート1着
×ピュアブリーゼ2着

RFX8MAN(改)さん
◎ホエールキャプチャ3着
△エリンコート1着

激走!データ競馬ブログさん
○ホエールキャプチャ3着
△ピュアブリーゼ2着

うまのりの結果
◎ホエールキャプチャ3着
○ハブルバブル9着
▲バウンシーチューン17着
△メデタシ11着
△マルセリーナ4着
△シシリアンブリーズ18着

ということで、的中されたみなさん、おめでとうございます。

私のほうは全くだめだめでした^^

今週末はいよいよ日本ダービーですね。
もりあがってきました。


posted by うまのり at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ◎的中トラバブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優駿牝馬(オークス) 回顧

1番人気マルセリーナ、2番人気ホエールキャプチャが敗れて
波乱となりました。

勝った、エリンコートは馬場も見方につけたのでしょうか。
父がデュランダルで短距離血統なものの、見事な勝利でかなり驚きました。
2着は逃げ先方でしてやったりの柴田騎乗のピュアブリーゼ。
ホエールキャプチャにハナ差抑えての2着は上々でしょう。

馬券はさっぱりでしたが、見ごたえのあるレースでした。

後藤騎手おめでとうございます。

1着 エリンコート(後藤騎手)
「クラシックを勝てて感無量です。天気が急激に悪くなり、馬が直線、スタンドのライトを気にして内にササって走っていました。それを修正するのに手一杯でした。でも馬自体にはまだ余裕がありました」

2着 ピュアブリーゼ(柴田善騎手)
「血統的にもしぶといタイプですし、よく頑張っています」

3着 ホエールキャプチャ(池添騎手)
「ああいうスタートになってしまい、あのポジションを取るのに精一杯でした。ただ、1コーナーからはいい感じで、折り合いもついていいリズムで走れました。直線も間を割ってしっかり伸びてくれています。GIで2着続きでしたから結果を出したかったのですが…」

4着 マルセリーナ(安藤勝騎手)
「位置取りはこれでいいと思っていました。長い脚を使っていませんし、最後は他の馬と同じ脚になってしまいました。馬場の影響もあったかもしれません」

6着 マイネイサベル(松岡騎手)
「内に入れていい位置につけられましたし、折り合いもつきました。行った、と思ったのですが…。切れ味が身上の馬、馬場が堪えました」

7着 アカンサス(北村宏騎手)
「少し出負けしてポジションが後ろになりました。でも、落ち着いて走ってくれましたし、最後も詰めていますから、評価出来ると思います」

8着 ハッピーグラス(松田騎手)
「外枠だったが、内で脚をためたくてあの位置へ。厳しいローテーションだけど、最後までよく踏ん張ってくれました。」

9着 ハブルバブル(ウィリアムズ騎手)
「血統的に距離は大丈夫だと思ったが、結果的には長かった。馬場が悪いのも影響した。」

10着 デルマドゥルガー(ピンナ騎手)
「道中リラックスして、手応えも良かったです。他の馬との決め手の差が出たかもしれません」

11着 メデタシ(浜中騎手)
「馬場は大丈夫でしたが、スタンド前発走でイレ込んでいました。そして、距離が長いですね

12着 マイネソルシエール(柴田大騎手)
「他の馬と一緒に伸びていけると思ったが、勝負どころで置かれてしまいました。道中のリズムはすごく良かった。」

13着 ライステラス(丸田騎手)
「スタートが良かったので行きたかったのですが、来られてしまい、その後は力んでしまいました。道中、うまく息を抜けませんでしたし、悔やまれますね」

14着 グルヴェイグ(四位騎手)
「直前の雨も堪えました。ただでさえ非力な馬ですから、返し馬からつんのめっていましたし、道中も滑っていました」

15着 サイレントソニック(田中勝騎手)
「難しかったな。テンションがすごく高くて、1コーナーまでガーッと行きそうだった。」

16着 カルマート(吉田豊騎手)
「掛かることもなく、乗りやすい。瞬発力勝負になってしまったし、もう少し前で走りたかった。」

17着 バウンシーチューン(三浦騎手)
「力負けではないと思います。力んで走っていましたが、それは許容範囲でした。距離が長いのかもしれません。内で手応えはあったけれど、馬場に脚を取られてしまった。良馬場でやらせてあげたかったですね。」

18着 シシリアンブリーズ(藤岡佑騎手)
「スタートを伸び上がって出た。前々にいって、折り合いもまずまずだったのですが…。」

ラベル:オークス
posted by うまのり at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海ステークス 回顧

本命のバーディバーディは伸び切れませんでした。
勝った、ワンダーアキュートが強かったですね。
スタートもよく完璧なレースだったと思いました。

2着に粘ったランフォルセも横山騎手で今週末は
久々にいいかんじだったのではないでしょうか。
いよいよ本領発揮となっていくのではないでしょうか。

それではレース後のジョッキーコメントを

1着 ワンダーアキュート(和田騎手)
「スタートが出れば前へ行けますし、展開も良く、流れに乗ってタメも利きました。状態も良く、強くなっていますね」

2着 ランフォルセ(横山典騎手)
「頑張りました。最後は差を詰めたというか、相手が遊んだ感じだったが、馬は本当に頑張っている。」

3着 シルクメビウス(武豊騎手)
「いい形でレースが出来て、終いもよく来ています。久しぶりにこの馬らしさが出ましたね」

4着 テスタマッタ(福永騎手)
「前残りになりそうなので、捲って来た馬が来た時に動いて行ったのですが、道中ハミを噛んだ分、最後伸び切れませんでした」

5着 ゴルトブリッツ(田辺騎手)
「3〜4コーナーで捲られて、馬がきつくなったのか、スムースさを欠いてしまいました。これが痛かったです。馬の状態は悪くありませんでした」

6着 バーディバーディ(幸騎手)
「前がゴチャついた煽りを受けて動けませんでした。それに、時計の掛かる馬場の方がいいのかもしれません。馬は良くなっています」

8着 キングスエンブレム(秋山騎手)
「3〜4角で勝った馬の後ろについていれば…。前の馬が下がってきて、手応えがある時に引っ張る形になった。」

11着 ピイラニハイウェイ(熊沢騎手)
「ペースが速くなった時にあやしくなった。小さい馬だから、ドッと来られると厳しい。」
posted by うまのり at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。