万馬券への道

2011年05月30日

日本ダービー 回顧

台風の影響で東京は午前中どしゃぶり。
午後を廻っても雨は続き案の定の芝不良馬場。
そんな中でも1番人気のオフフェーヴルがきっちりと仕事をしました。
やはり、この馬は強すぎましたね。
池添ジョッキー、おめでとうございます。
今朝の読売新聞に掲載されていましたが、騎手になった頃と最近に
ダービーで勝つ夢を2回見たとのことで、その夢の話は一切人に話さなかったそうです。
夢を話すと現実にならないらしく、この日ばかりは正夢になって、その胸の内を明かしたそうです。

これで、3冠馬への挑戦が楽しみになってきました。
思いのほか、サダムパテックが伸びずに残念でした。不良馬場が影響したのでしょうか。
そんな中、安藤勝己騎乗のウインバリアシオンがしぶとい競馬で2着になりました。
昨年のラジオNIKKEIから期待はしていたのですが、まさかダービーで2着になるとは。

また、ダービー2番人気は馬券にならずのレジェンドになりそうです・・・

あと、
オカルト的におもしろいことをひとつ!

2010年ダービー
1着エイシンフラッシュ7番人気
2着ローズキングダム5番人気
3着ヴィクトワールピサ1番人気

2011年ダービー
1着5番オルフェーヴル
2着1番ウインバリアシオン
3着7番ベルシャザール

なんと、昨年のダービーでの人気順位が今回の馬番号と合致していました(順位は別として)!

うまのりの結果
1着オルフェーヴル ○ (すげーな、次は菊花賞だな)
2着ウインバリアシオン 無印(いれとけよー)
3着ベルシャザール 無印(これはすまん)
4着ナカヤマナイト 無印(意外とやるね)
5着クレスコグランド △(がんばったね)
◎ユニバーサルバンク 10着(最後直線伸びなかったね)
▲トーセンラー 11着(こんなもんじゃないはず)
△サダムパテック 7着(残念無念)
△フェイトフルウォー 13着(やっぱりだめか)
△トーセンレーヴ 9着(きびしかな)

レースの流れと配当
雨中の頂上決戦は1番人気オルフェーヴル(牡、池江)が制し、皐月賞に続いて2冠を達成した。池添謙一騎手(31)は7度目の挑戦でうれしいダービー初勝利。また、池江泰寿調教師(42)は今春引退した父親の池江泰郎元調教師に続いて親子2代でダービーを制覇した。
 前日から50ミリを超える雨量を記録した東京競馬場の芝はたっぷり水分を含んだ不良馬場。オールアズワンの単騎逃げで始まったレースは、2番手にノーザンリバー、そのあとにショウナンパルフェ、ユニバーサルバンクが続き、オルフェーヴルは後ろから5頭目。折り合いを重視しながら向正面を回る。3コーナーから徐々に押し上げ、直線に向いて外に持ち出そうとするが、終始マークするナカヤマナイトと内のサダムパテックの間に挟まれる苦しい展開に。根性で割って抜け出すと、内に切れ込む形で末脚を伸ばす。外からいったんはハナに立ったウインバリアシオンを差し返すと、そのまま先頭でゴールした。
 大願成就にゴール板を過ぎた後、馬上で雨が降りしきる天に向かい右手をかざす池添騎手の姿が大型スクリーンに映し出されると、8万人を超す観客が詰め掛けたスタンドは大歓声に包まれた。歓喜と感涙で顔をくしゃくしゃにさせた池添騎手は「ダービージョッキーになれたんですね。すごいな。重みを感じて朝からずっと緊張していた。スタッフや応援してくれたファンの方々に感謝している」。そして「今日の芝は外の方が決まっていること、折り合いに気を付けることの2つを頭に入れて乗っていた。直線で窮屈になったけれど、馬が根性を出して割ってくれた。大した馬です。ありがとうと言いたい」と愛馬にお礼を述べた。
 池江泰寿師は「オルフェの強さに感動した。勝負根性はさすがステイゴールドの子ですね。直線はかなりごちゃついたが、池添も慌てず落ち着いて乗ってくれた。このあとは菊花賞か、距離を考えて天皇賞(秋)を選ぶのか、オーナーと話し合って決めたい。自分の中では3冠の重みを感じている」と話した。
 勝ちタイムは2分30秒5。1馬身4分の3差の2着はウインバリアシオン、7馬身差の3着はベルシャザール。
 2番人気のサダムパテックは7着、デットーリ騎乗のデボネアは12着。
 払戻金は馬連(1)(5)は3380円、馬単(5)(1)は4540円、3連複(1)(5)(7)は2万2950円、3連単(5)(1)(7)は10万300円。

それでは、レース後のジョッキーコメントを
1着 オルフェーヴル 池添謙一騎手
「オルフェーヴルにとっては一生に一度のクラシックの舞台ですし、また1番人気にも推されていたので緊張しました。道中はリズムよく走ることができましたし、直線では窮屈になる場面もありましたが、持ち前の勝負根性で抜け出してくれました。ダービーの重みを感じていましたし、この馬でとりたいと思っていました。このまま秋も順調にいって欲しいですね」

2着 ウインバリアシオン 安藤勝己騎手
「体が沈んだ時は、勝つと思ったよ。最初はハミを取るところがなくて馬任せに走らせた。馬場のいいところを走らせたくて外を回ったけど、4角でハミを掛けたら楽についていけた。相手がそれ以上に強かったね」

3着 ベルシャザール 後藤浩輝騎手
「この馬のいいところを最大限に見せられたと思います。馬場はギリギリのいいところを走れたし、周りに馬を置いて集中力を切れさせないように走らせました。最後は差し返す根性も見せてくれましたし、最高の走りができたと思います」

4着 ナカヤマナイト 柴田善騎手
「馬場が悪いのに、我慢してよく走ってくれたよ。前走より状態が良かったし、落ち着いていた。現時点での力は出し切れたよ。やはり良馬場の方がいいかな。ただ、勝った馬が強すぎた」

5着 クレスコグランド 浜中騎手 
「よく頑張ってくれました。ゴール前でもう1度加速したし、厳しい条件で力を発揮してくれた。今後の成長が楽しみ。」

6着 ショウナンパルフェ 三浦皇成騎手
「返し馬からトモを滑らせていました。前々でリズムよく走れました。最後は切れ味の差が出ましたが、よく頑張っていると思います。距離が延びた方がいいと思うので、秋が楽しみです」

7着 サダムパテック 岩田騎手
「いい位置で運べたが、今回は道中で力みがあった。こういう馬場もあるのかもしれないが、力んだ分、直線半ばで伸びなかった」
西園師
「勝った馬は上がりの速い競馬で差してきたからね。2角まで掛かったにしても負けすぎかなあ。距離どうこうはまだ分からないけど、また立て直して頑張ります」

8着 オールアズワン 藤田騎手 
「いい逃げを打てました。4角であれだけ離れてるとは思わなかったね。最近の成績を考えれば本当に頑張ってくれたよ。」

9着 トーセンレーヴ C.ウィリアムズ騎手
「以前、馬場の悪いところを通っても大丈夫だったので、今日も大丈夫だろうと思っていました。思い通りのレースだったが、直線の不利が痛かった。疲れがあったかもしれないけど、悪い馬場でも最後までよく走っていたよ。しかし、疲れが残っていたせいか、今日は馬場を気にしているようでした」

10着 ユニバーサルバンク 福永騎手 
「道中の位置はいいところでイメージ通りだった。現時点では力が足りませんでした。」

11着 トーセンラー 蛯名正義騎手
「良馬場でやらせてあげたかったですね。あまり大きい馬ではないし、切れ味があるタイプだけに今日はかわいそうでした」

12着 デボネア L.デットーリ騎手
「まだ成熟しきっていない馬ですし、思ったよりも馬場がこたえていました」

13着 フェイトフルウォー 田中勝騎手 
「いい感じで走っていたし、あの手応えならもうちょっと伸びていいんだけどなあ。」

14着 コティリオン 小牧騎手 
「スタートが良すぎて1、2角で行きたがった。後半は手前を何度も替えていたし、馬場が悪かったのも厳しかったですね。」

15着 ロッカヴェラーノ 武豊騎手
「戻ってこられて良かった。やっぱりダービーはいいね。ゲートで暴れてしまい、いいところがなかったね。でも、まだキャリアが不足しているから。また来年頑張ります」 

16着 エーシンジャッカル 川田騎手 
「うまく内に入れたけど、最後は苦しくなりました。距離が延びても頑張ってくれました。」

17着 ノーザンリバー ピンナ騎手 
「馬は最高の状態。距離を克服するために前で緩い流れに乗りたかった。デットーリと同じダービーに乗れて良かった。」

中止 リベルタス 四位騎手
リベルタスは異常歩様のため4コーナー手前で競走中止したが、異常なしとの診断が下った。四位騎手は「3角から走りのバランスが悪かった。こういう馬場でかわいそうだった」

 


ラベル:日本ダービー
posted by うまのり at 12:27| Comment(1) | TrackBack(1) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金鯱賞 回顧

ルーラーシップがスタート出遅れましたが、なんのその。道中いい形で進め、
最後直線はらくらく抜け出しての快勝。良血の馬、これからも楽しみですね。
4歳勢は本当にいい馬がいておもしろいです。
馬券は残念でしたが、キャプテントゥーレの逃げが見れたのでよかったです。

うまのり結果
1着ルーラーシップ 無印(うまのりは最低です)
2着キャプテントゥーレ ▲(ほっとひといき)
3着アーネストリー 無印 (うーん、よめませんでした)
4着ホワイトピルグリム 無印
5着アンライバルド 無印
◎サンライズベガ 9着(印をつけるとこねー)
○ナリタクリスタル 13着(印をつけるとこねー)

最強4歳世代の1頭ルーラーシップ(牡4、角居)が差し切り、重賞3勝目を挙げた。
 スタートは飛び上がるような格好で出たが、道中はあわてず後方で控えた。徐々に前へ進出し、好位で直線に入ると、外からグングンと伸びた。馬場にのめりながらも、ゴール前で逃げたキャプテントゥーレ(牡6、森)を差し、4分の3馬身差で勝利。タイムは2分2秒4だった。「出遅れてあわてても仕方がないし、ヴィクトワールピサをイメージして乗りました。今日は非常に能力の高いところを示してくれたし、これからも楽しみです」と福永祐一騎手(34)。ドバイ帰り初戦だったが、きっちり1番人気にこたえて力の違いを見せた。
 2着は2番人気のキャプテントゥーレ、3着は3番人気のアーネストリー(牡6、佐々木)が入り、人気通りの決着となった。
 馬連(5)(13)は630円、馬単(13)(5)は1080円、3連複(5)(9)(13)は660円、3連単(13)(5)(9)は2900円。

それではレース後のジョッキーコメントを
1着 ルーラーシップ(福永騎手)
「調教で乗った時には少し掛かって行くような印象もあったのですが、芝での返し馬の走りは良かったので、いけると思いました。ただ、ゲートで待たされている間に駐立が悪くなってしまって、一番悪い体勢の時にゲートが開いてしまいました。跳び上がるような形でゲートを出て、そこで右の鐙が外れてしまうくらいでしたが、落ちなくて良かったです。その中でもこれだけ強い勝ち方でしたし、力を見せられたと思います。いいスタートが切れればもっと強い競馬が出来ると思いますし、次も楽しみです

2着 キャプテントゥーレ(小牧騎手)
「手応え十分で勝ったと思ったんですが、勝った馬は強いですね。道悪は問題なかったです

3着 アーネストリー(佐藤哲騎手)
「スタッフがこのレースを勝つために仕上げてくれたんですが、この馬場では十分には力を出せなかったのかもしれません。ただ、休み明けで頑張っていますから、次の宝塚記念はこの馬の得意とする条件、楽しみです

4着ホワイトピルグリム(池添騎手)
「行き脚がつかずあの位置に。4角がもう少しスムーズなら…。」

5着 アンライバルド(ピンナ騎手)
「跨った時にGI馬のパワーを感じました。ただ、興奮気味に走っていたので折り合いに苦労しましたが、何とかなだめることが出来ました。流石に1年以上の休み明けであと一息でしたが、よく頑張っていましたし、良馬場なら違うと思いますし、今回使われて良くなって来ると思います

6着 フミノイマージン(太宰騎手)
「この馬場でこのメンバーでよく頑張っています。今後が楽しみ。」
 
7着 マンハッタンスカイ(岩田騎手)
「こういう馬場も苦にしていませんし、ジリジリと伸びていました」

9着 サンライズベガ(北村友騎手)
すべてがかみ合わず後手後手に…。馬に申し訳ないです。」

10着 ネオヴァンドーム(浜中騎手)
「良でこその馬で、かわいそうでした。」

12着 アドマイヤメジャー(ウィリアムズ騎手)
「こういう馬場を嫌がっているのか、進んで行ってくれませんでした」

13着 ナリタクリスタル(武豊騎手)
2000メートル追いっぱなしだった。全然ハミを取らなかった。」

15着 ニホンピロレガーロ(酒井騎手)
「のめっていました。これを使って良くなってくれれば。」

   
ラベル:金鯱賞
posted by うまのり at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目黒記念 回顧

1着キングトップガン、横山典騎手おめでとうございます。事故以来の重賞制覇ではないでしょうか。
これからも競馬界をにぎわせてください。
馬券は1着抜けで残念無念。道悪で斤量51kg、ノーケアでした。反省です。

うまのり結果
1着キングトップガン 無印(すいません、無印でした)
2着ハートビートソング ◎(よくがんばった!)
3着ヤングアットハート ○(あっといわせてくれてありがとう)
4着トレイルブレイザー △(もう少しでした)
5着マカニビスティー 無印(よめません)
9着モンテクリスエス ▲(このあたりで終わりか)

横山典騎乗の7番人気キングトップガン(牡8、鮫島)が軽ハンデを利して、直線早めに抜け出し、1番人気ハートビートソングの追い込みを首差しのいで先頭でゴール。うれしい重賞初勝利を飾った。勝ちタイムは2分32秒5。
 ハナを切ったシゲルタックが直線早めに脱落、2番手に着けたキングが代わって先頭に。内ラチ沿いを一気に駆け上がると後続を寄せ付けず、そのまま危なげなくゴール。2着にハートビートソング、3着にヤングアットハートが入った。
 マイネルキッツは8着、ケイアイドウソジンは13着。
 馬連(8)(17)は3000円、馬単(8)(17)は8610円、3連複(1)(8)(17)は1万550円、3連単(8)(17)(1)は7万6530円。

それではレース後のジョッキーコメントを
1着 キングトップガン(横山典騎手)
「馬場も悪いですし、斤量は51キロ、返し馬の感じなども踏まえて前々での競馬を考えました。51キロは楽ですね。乗っていて、馬の加速が全然違いました。元々力はあった馬ですが、体質が弱くて骨折したりしていましたが、最近は馬もしっかりしてきたようです」

2着 ハートビートソング(秋山騎手)
「こういう馬場、ハンデ差もありますし、4コーナーで勝ち馬に離されてしまったのが痛かったですね」

3着 ヤングアットハート(後藤騎手)
「ゲートを出て、最初、馬場に滑ってしまいました。でも脚がたまった分、よく伸びています」

4着 トレイルブレイザー(安藤勝騎手)
「いい感じでしたが、今日の馬場ではビュッと伸びません。内に行けば良かったですかね」

5着 マカニビスティー(北村宏騎手)
「ロスなく回って4角の手応えも抜群だったが、伸びあぐねた。滑ったのかな。」

8着 マイネルキッツ(松岡騎手)
「馬場も斤量も重いですから、前半進んで行きませんでした。それに、疲れもあるかもしれません

ラベル:目黒記念
posted by うまのり at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。