万馬券への道: セントライト記念レース後ジョッキーコメント

2010年09月21日

セントライト記念レース後ジョッキーコメント

クォークスターがいい脚を使いましたが、それよりも粘ったヤマニンエルブの逃げはあっぱれでした。
大逃げのレースは面白いですね。
それではジョッキーのコメントをどうぞ。

〜レース後のコメント〜
1着 クォークスター(藤岡佑騎手)
「今日はスローペースで馬場もいいので、前よりで競馬をしたかったが、思ったほど行けなかった。でもそれが却って終いの脚につながって、しっかり伸びてキッチリ差してくれました。自在な競馬が出来る馬、本当にいい脚を使ってくれました」

2着 ヤマニンエルブ(柴山騎手)
「最後、一気に来られました。バテていないし、力がありますね。ある程度セーフティリードを取って、少し速いかと思いましたが、後ろに脚を使わせるレースをしました。距離は持ちそう」

3着 アロマカフェ(武豊騎手)
「最後ジワジワ伸びているし、バテてもいないが、切れる脚がない分、負けてしまった」

4着 ゲームマエストロ(宗像調教師)
「こういうペースのレースで、距離の融通が利くことが分かったのは収穫。権利は取れなかったが、選択肢は広がりましたね」

5着 ダークシャドウ(四位騎手)
「イメージとしてはじっくり末脚を生かす競馬をしたかったが、トライアルで権利も取りたいので、ああいう競馬になった。それなりに頑張っていたし、まだまだこれからの馬です」

6着 ミッションモード(北村宏騎手)
「もう少し前へ行きたかったが、両側から寄られて行けなかった。馬の気持ちが強くなり、大きなストライドの馬で、終いまでしっかり走っているし、体も減らなくなってきて、これから楽しみな馬です」

14着 ゲシュタルト(池添騎手)
「休み明けで、馬もまだ本調子にはなっていなかった」 (ラジオNIKKEI)


posted by うまのり at 14:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

セントライト記念 2010 回顧
Excerpt: 実走着差的にはクォークスターの完勝。ただし、展開を考えれば2着ヤマニンエルブも相当強い競馬で、一概にクォークスター>ヤマニンエル
Weblog: ゆたぽんの日々是競馬
Tracked: 2010-09-21 17:10
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。