万馬券への道: スプリンターズステークスレース後ジョッキーコメント

2010年10月04日

スプリンターズステークスレース後ジョッキーコメント

スプリンターズステークス、結構荒れましたね。
1着はなんと、ウルトラファンタジー。
外国馬の伏兵でした。G1レースであの逃げでよく踏ん張りました。
相当強い馬なのでしょうか。たしかに、過去にグリーンバーディーに勝っていたのですね。
恐れ入りました。
キンシャサノキセキもよく伸びてきました。
残念だったのがダッシャーゴーゴー、降着の4位となりました。
この馬はまだ3歳、将来が楽しみですね。
ローレルゲレイロは引退かもしれませんね。
それではレース後のコメントをどうぞ↓

〜レース後のコメント〜
1着 ウルトラファンタジー(ライ騎手)
「この上ない喜びです。雨はダメな馬でどうなるかと思いましたが、天気も良くなって、馬場も乾いて、すべてが自分に向いてくれました。坂も心配でしたが、よく乗り切ってくれました。日本の馬ではキンシャサノキセキが気になっていて、外から来た時に負けるものかと思って追いました。ゴールの瞬間は勝ったかどうか分かりませんでしたが、勝ったと分かった時は本当に嬉しかったです」

2着 キンシャサノキセキ(四位騎手)
「1回使っていれば違ったかもしれません。イライラしていたし、道中掛かったのですが、悲観する内容ではありません」

3着 サンカルロ(吉田豊騎手)
「最初から外に出すつもりはありませんでした。内を突いて不利を受けましたが、そこからよく立て直してくれました。根性があります」

5着 ワンカラット(藤岡佑騎手)
「4コーナーで一瞬手応えが悪くなりました。1分7秒台に対応するにはもう一段ギアが必要です。力は出していますし、またチャレンジしたいです」

6着 ジェイケイセラヴィ(江田照騎手)
「頑張っていますが、外枠が堪えました」

7着 グリーンバーディー(デュプレシス騎手)
「コンディションは良かったのですが、直線で行き場を失ってしまいました。最後はいい脚で伸びて来ているだけに、スムースな競馬が出来ていれば結果が変わったかもしれません」

(ファウンズ調教師)
「スタートも良く、狙っていた中団の位置取りも悪くありませんでした。レースビデオを何度も見返すと、直線で馬群から抜け出すことが難しかったようです。ダッシャーゴーゴーが最内を通るルートでうまく伸びたので、内側を通るべきだったと思います。しかし、それが競馬というもので、次走への課題にするしかありません。位置取りが勝敗を分けたレースだったと思います。同じ香港から参戦したウルトラファンタジーの関係者に“おめでとう”と言いたいです」

9着 マルカフェニックス(松岡騎手)
「掛かった分、終いは伸び切れませんでした。1200mでは中々自分のペースでレースが出来ません」

10着 ビービーガルダン(安藤勝騎手)
「状態は良くなっていました。内枠で包まれてしまい、自分のレースが出来ませんでした」

11着 サンダルフォン(酒井騎手)
「ロスを覚悟で外に出すつもりでした。イメージした通りの競馬は出来ました。一瞬伸びましたが、坂で止まってしまいました」

(ラジオNIKKEI引用)


posted by うまのり at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。