万馬券への道: 毎日王冠レース後ジョッキーコメント

2010年10月11日

毎日王冠レース後ジョッキーコメント

毎日王冠 回顧

今年の3歳馬のレベルは高いのでしょう。
まさかのアリゼオ、エイシンアポロンのワンツー決着。

確かに、このメンバーならというのもありますが、
それと残念なのはペルーサ、あの出遅れはもったいなかったですね。

それでは各ジョッキーのコメントをどうぞ↓
ラジオNIKKEI引用
1着 アリゼオ(福永騎手)
「1週前、追い切りを美浦で乗って、思ったより抑えが利くと思ったのです。体の状態は比較出来ませんが、とにかく折り合いに気をつけて乗りました。返し馬がうまくいって、ゲートを出てから思ったよりも行き脚がつかず前に行けなかったので、無理せず我慢させました。3コーナー過ぎから馬が納得したようにいいリズムで行けて、直線はバラけるかと思っていましたが、まさかあんなに内が空いているとは思いませんでした。最後の一完歩でギリギリ交わせたと思いました。まだ若い馬で、控えて勝ったことは大きいと思います」

2着 エイシンアポロン(蛯名騎手)
「形としては完璧でした。うまく流れに乗ってイメージ通りでしたが、負けたのは仕方ない。先のある馬だし、距離も2000mまでならOK」

(岡田調教師)
「前々のレースがいいことが分かりました。このハナ差は悔しいですね。この後は馬の状態をじっくり見て、オーナーと相談して次のレースを決めたいと思います。選択肢は2つだけじゃなく色々考えています」

3着 ネヴァブション(田中勝騎手)
「パドックで乗った感じは、とても具合が良さそうでした。もう少し前の位置へつけたかったんですが、この馬としてはいつもの位置取りかもしれません。最後は力のあるところを見せられました。長い距離を中心に走っている馬ですが、東京コースなら1800mでも力を出せます。休み明けとしては上々のレースだったと思います」

4着 スマイルジャック(三浦騎手)
「久々でしたが落ち着いていました。これまで落ち着いていると却って良くない結果になっていたのですが、今日はそうではありませんでした。3、4コーナーで一瞬ハミを取った時以外は我慢してくれました。いい位置でレースが出来ましたが、マイルを使っている馬だけに、残り200mで脚を使い切った感じです」

5着 ペルーサ(安藤勝騎手)
「今日は返し馬からテンションが高かった。ゲートも出ないだけでなく、飛び上がるように出るのでダッシュもつかないし、後ろから行くしかない。この馬場では自分から行っても伸び切れない。ゲートが安定しないことにはね」

<マイネルスターリー=6着>松岡騎手 もう少し動けると思ったんだけど。マイネルキッツのように距離が延びた方がよさそう。(日刊スポーツ引用)

7着 シルポート(酒井騎手)
「残り2ハロンまではいい感じで行っていたが、追い出していつもなら辛抱出来るのが今日は出来なかった」

<アドマイヤメジャー=8着>吉田隼騎手 予定通り前前につけてリズム良く走れたが、いざ行こうとすると反応が悪かった。(日刊スポーツ引用)

9着 ショウワモダン(後藤騎手)
「杉浦先生の感じていたものが当たった。4コーナーまで競馬自体は悪くないのに、直線タレたのが納得いかない。目に見えない何かがあったのか、春に比べて違っていた」

(杉浦調教師)
「調教の時の印象と同じで、まだ目覚めてないですね」

<トウショウウェイヴ=10着>吉田豊騎手 もう少し馬場が回復していれば良かったんだが。




posted by うまのり at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。