万馬券への道: 府中牝馬ステークスレース後ジョッキーコメント

2010年10月18日

府中牝馬ステークスレース後ジョッキーコメント

ニシノブルームーンは残念でした。
東京府中コースがあわないのでしょうかね。
小回りがいい中山がいいのかもしれませんね。

勝った、テイエムオーロラは強い競馬でした。
東京コースで簡単に逃げ切れるものではありませんから。
ペースも向いていたのでしょう。
2着に入ったセラフィックロンプも粘りましたね。

それでは、各ジョッキーのコメントをどうぞ↓

1着 テイエムオーロラ 国分恭介騎手
「期待のかかった馬でしたから、勝ててホッとしています。ボクも初重賞勝ちなので『夢ならさめないでくれ』という気持ちです。スタートの速い馬で、先行することを考えていました。折り合いだけ気をつけていましたが、もうこの馬も大人なので、折り合いは大丈夫でした。直線で引き離したときに、まだいい手応えで、ゴールの瞬間は本当に嬉しかったです。馬に感謝しています。定量のレースでこれだけの結果を出したので、もっと大きいところを狙えると思います」

2着 セラフィックロンプ 宮崎北斗騎手
「一番いい位置にいるなと思って乗っていました。ここに来て、馬がよくなっています。この状態を維持できれば、次走もよさそうです」

3着 スマートシルエット 石橋脩騎手
「スタートは上手でした。できれば逃げたテイエムの横につけたかったのですが、無理してガリガリ行っても仕方ないので、3番手からレースをしました。最後まで逃げた馬に残られるとは思いませんでした」

4着 リビアーモ 中舘英二騎手
「もう少し流れてくれればよかったが、流れが遅すぎた。でも、チャンスはあると思います」

5着 ウェディングフジコ 丸山元気騎手
「乗りやすく、クセのない馬。脚をタメて、もう少し直線で弾けるかと思いましたが……。もう少し内枠の方が、レースがしやすかったと思います」

6着 ブロードストリート 鮫島良太騎手
「伸びてはいるのですが、ペースが遅かったです」

9着 ニシノブルームーン 北村宏司騎手
「スローペースで前の馬をとらえきれなかったにしても、もっと差を詰められると思っていました。それぐらいデキもよかったですし、自信もありました。追い切りの動きもよかったですし、ちょっと敗因がよくわかりません」

16着 ブライティアパルス 藤岡康太騎手
「馬の雰囲気はよかったです。向正面では折り合いもついたのですが、3コーナーからハミを噛んでしまい、引っ張るよりはと思い、行かせました。前にカベを作れればよかったのですが、外枠でしたし、あれだけ引っかかってしまったら厳しいですね」
(ラジオNIKKEI引用)


posted by うまのり at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。