万馬券への道: 京阪杯 回顧

2010年11月29日

京阪杯 回顧

スプリングソング、最後よく伸びましたね。
これは大きな重賞制覇ではないでしょうか。
2着には13番人気のケイアイアストン
3着にはモルトグランデとなり、今年も結構な波乱となりました。

うまのりの予想印は
◎ジェイケイセラヴィ5着
○ティファニーケイス14着
△モルトグランデ3着
△スカイノダン4着
△ダッシャーゴーゴー10着


ということで、ジョッキーのコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより)
1着 スプリングソング 池添謙一騎手
「1年7ケ月のブランクを乗り越えて、今日もしっかり勝ってくれました。先頭に立つとソラを使う癖があり、直線両サイドから交わされましたがそこからよく盛り返してくれました」

2着 ケイアイアストン 秋山真一郎騎手
「半馬身かクビくらい1回出たのですが、もう少しでした。道中も流れに乗って折り合いもつきました。控える競馬がようやく結果に結びついてきたようです」

3着 モルトグランデ 田辺裕信騎手
「折り合いも問題なくなってきていますし、充実してきました。もう一歩ですね。終いももう少し粘れればいいのですが」

4着 スカイノダン 国分恭介騎手
「前走は前に行ってダラダラと脚を使ってしまったので、今日は脚を溜めてみようと思ったのです。最後は前が開けば差し切れたかもしれません。今日のレースなら、今後も溜める競馬の方がいいのかもしれません。重賞でもやれる馬です」

7着 トウカイミステリー 武幸四郎騎手
「まだオープンに入って2戦目ですから。でもこれならどこかでチャンスがあるかもしれません」

10着 ダッシャーゴーゴー 古川吉洋騎手
「向正面でゴチャつくところもありましたが、直線では勝てそうな手応えでした。でも一瞬で止まってしまいました。まだ3歳ですし、モロさもあるのでしょう」

(日刊スポーツより)
<ジェイケイセラヴィ=5着>江田照騎手 伸びてはいるんだけど。今日は折り合いもスムーズだった。
 <トウカイミステリー=7着>武幸騎手 上手に競馬ができた。オープン2戦目でよく頑張っている。
 <ストリートスタイル=8着>浜中騎手 納得のいくスタートは切れたけど。
 <エーシンダックマン=11着>佐藤哲騎手 そんなに負けてないし、悲観することはない。
 <コパノオーシャンズ=13着>武豊騎手 元気がなくてボーッとしていた。
 <グランプリエンゼル=18着>デムーロ騎手 手応えは良かったけど、道中で窮屈になった時にかかって、馬が疲れてしまった。





posted by うまのり at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。