万馬券への道: 京都記念 的中

2011年02月14日

京都記念 的中

トゥザグローリー、やりましたね。
ヒルノダムールも3着と惜しかった。
またしても重賞に届きませんでしたが、この馬は中山コースで1800〜2000ぐらいが
いいのではないでしょうか。さらに期待したいところです。
2着は牝馬のメイショウベルーガ、やはりこの馬は京都が合いますね。

トゥザグローリー、本格的に良血開花となるのでしょうか。
今後がさらに楽しみです。

的中馬券:馬連¥1,120-、3連複¥1,020-

(ラジオNIKKEIより以下)
1着 トゥザグローリー(リスポリ騎手)
「3コーナーを回ったあたりで勝てるのではないかと思いました。本当に強かったですね。僕は乗っているだけでした。乗せてくれたオーナーや厩舎スタッフの方々に感謝したいです。池江泰郎先生にも定年間際に勝利をプレゼント出来て本当に嬉しいです」

2着 メイショウベルーガ(池添騎手)
「悔しいです。この馬もいい脚を使っていましたが、勝った馬とは手応えが違いました。坂の下りで少し置かれたのが痛かったですね。それでも力のあるところは見せてくれているだけに残念です」

3着 ヒルノダムール(藤田騎手)
「今日は勝ったと思ったのですが…」

4着 ダノンシャンティ(安藤勝騎手)
「返し馬までは良かったんですが、ゲートの後ろまで来た時にスイッチが入ってしまってカーッと燃え出してしまいました。出たなりの位置でと考えていたのですが、あれほど位置が前になるとは思いませんでした。ただ、決してベストとは言えないこの距離でも止まらずジリジリと来てくれていますし、マイルから2000mくらいなら相当やれると思います」

5着 ロードオブザリング(四位騎手)
「格上挑戦でしたが、状態も良く、コース相性も良かったのでしょう。最後までいい伸びでした」

7着 オウケンブルースリ(内田博騎手)
「好位からのレースは考えていませんでした。3コーナーで先団の後ろくらいにつけることが出来ればと思いましたが、平均ペースのせいか、思ったように進んで行きませんでした。仕掛けの反応ももう一つ。今回は久々で、コンスタントに使っていけばまだまだ力のある馬です」


(日刊スポーツより以下)
<ロードオブザリング=5着>四位騎手 格上相手だったが、出来も良かったし、この舞台が合うんだと思う。先々が楽しみ。
 <ビッグウィーク=6着>川田騎手 着順は悪かったですが、よく走っています。休み明けだったし、天皇賞へ良くなっていけば。
 <オウケンブルースリ=7着>内田騎手 いつもは仕掛けるといい反応をしてくれるが…。有馬記念以来だし、使っていけば。
 <プロヴィナージュ=8着>佐藤騎手 休み明けでも馬は良くなっていた。ただ、重めの馬場で上り下りは少しきつかったかな。
 <セラフィックロンプ=9着>宮崎騎手 メンバーが強かった。この馬のリズムで走れたし、しまいも反応してるんですが。
 <シャドウゲイト=10着>岩田騎手 ゲートも普通に出たし、この馬の競馬はできたんだけど…。
 <ホワイトピルグリム=11着>福永騎手 距離ロスを少なくするために内を回ったけど、のめっていた。
 <ヒカルカザブエ=12着>秋山騎手 長い間休んでいたから。また元気になれば、もっとやれると思う。





ラベル:京都記念
posted by うまのり at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。