万馬券への道: チューリップ賞 回顧

2011年03月07日

チューリップ賞 回顧

しかし、つよかった、レーヴディソール!
これは間違いなく、桜花賞でも1番人気になるでしょう。
圧勝とはこのことでしょうか。
気になっていた、ビッグスマイルは5着と桜花賞権利に惜しかったですが、
いいかんじでした。
メデタシとビッグスマイルのラストの上がりは結構いい脚でした。
それでもレーヴディソールにはかないませんが。
馬券は残念!

それでは、ジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 レーヴディソール(福永騎手)
「この馬にとって課題はスタートだけなのですが、今日は五分のスタートでいいポジションにつけられました。道中は馬を傷めないようにバランスに気をつけて乗っていました。競馬なので決して気を抜くことなく乗っていましたが、レースを使うごとに反応が良くなり、今日はムチを使いませんでした。これまでこんなに楽に重賞を勝ったことはないし、これだけインパクトがある馬はこれまでいませんでした。どこまで強くなるのか楽しみです。まだ対戦していない馬もいますが、スタートも1戦1戦良くなっているので、今のところ注文はありません。無事に行って欲しいです」

2着 ライステラス(岩田騎手)
「勝ち馬を意識して早めに動いて行きましたが…。それでも素直で力のある馬ですよ」

3着 メデタシ(浜中騎手)
「ちょっとスタートのタイミングが合わなかったのですが、その後は内で我慢して走ることが出来ました。何とか3着に入れて良かったです」

4着 タガノラヴキセキ(武豊騎手)
「内枠でしたしハナに行きました。粘っていましたし、何とか3着以内にと思ったのですが、惜しかったです」

7着 メーヴェ(四位騎手)
「もう少し内に入って運べれば良かったのですが、1勝馬ということを考えればよく頑張っています」
(日刊スポーツより以下)
<ライステラス=2着>岩田騎手 やっぱり力がある。すごく素直だし、早めに動いたけどなんとか2着に踏ん張ってくれた。
 <メデタシ=3着>浜中騎手 なんとか(3着を)とれてホッとしています。よく我慢してくれました。
 <タガノラヴキセキ=4着>武豊騎手 (桜花賞の)権利が取れそうだったのに、惜しかった…。内枠で自然にハナに立てたし、うまく流れに乗ったけど…。
 <ビッグスマイル=5着>小牧騎手 最後は権利を取れるんじゃないかといういい脚だったが…。
 <ケイティーズジェム=6着>藤田騎手 疲れているのかな…。それにしてもはじけなさすぎた。
 <メーヴェ=7着>四位騎手 もう少し内に入れれば良かったが、大外枠だったから。
 <ジョーアカリン=8着>古川騎手 スタートが良くなかったし、思ったほどはじけなかった。微妙に距離が長いのかもしれない。
 <ツカサリボン=10着>安部幸騎手 いい具合だったし、あと少し真っすぐ伸びてくれれば良かったが。
 <ユースティティア=11着>佐藤騎手 両側に壁を置いた方が集中する感じ。力はありそうな馬だが。



posted by うまのり at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。