万馬券への道: 弥生賞 的中

2011年03月07日

弥生賞 的中

皐月賞に向けて、サダムパテックが万全の体制となりました。
テレビで観戦していましたが、
ゴール前は混戦状態でした。
2着以下はきわどいかんじでした。
1着のサダムパテックは強かったですが、
前半1000mの通過が61.7秒とスローペース。
果たして、皐月賞の流れではどうなるでしょうか。
デボネア、プレイもしぶとさを感じました。
楽しみになってきました。

的中馬券
馬連配当¥2,220−
3連複配当¥3,780-

それではジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 サダムパテック 岩田康誠騎手
「今日は初騎乗でしたが、結果を出したいと思っていました。位置取りや折り合いに気をつけて乗りました。スタートで他馬とぶつかって行く素振りを見せましたが、1コーナーで抜けてよかったです」

2着 プレイ 松岡正海騎手
「今日のメンバーで2着なら上々でしょう。まだよくなってきそうです」

3着 デボネア 佐藤哲三騎手
「スローの瞬発力勝負になってしまいました。まだペースの切り替えがうまくできず、課題も多いのですが、そんな中で勝てそうな雰囲気はありました。これで権利が取れたので、本番に向けてじっくりと調整できるのはいいですね」

7着 ウインバリアシオン 福永祐一騎手
「スタート直後に他の馬に寄られてしまい、位置が悪くなってしまいました。外から上がっていくときに内の馬を気にしたのか、外に逃げてしまいました。今までそんな面を見せたことはなかったのですが……」

11着 ターゲットマシン 田中勝春騎手
「若さが出てしまいました。ゲートに入ろうとしませんでしたしね」

(日刊スポーツより以下)
<ショウナンマイティ=4着>浜中騎手 いいリズムで走っていたが3角で進まなくなった。4角で外に出したらもう一度伸びたが最後は反応がなくなった。よく分からない。
 <アッパーイースト=5着>蛯名騎手 スローだったし前回下げてダメだったのであの位置を主張した。1勝馬だが素質を感じる。
 <ギュスターヴクライ=6着>内田騎手 テンに出しても掛からなかったし、とても乗りやすい。1度中山を使っていれば結果は変わったかも。
 <ウインバリアシオン=7着>福永騎手 スーッと上がって行ったが、内の馬を気にして外に逃げてしまった。どうしてだろう。
 <オールアズワン=8着>安藤勝騎手 前で競馬するつもりだったが行き脚がつかず直線も右にもたれた。返し馬から力んでいた。次は気がぬけてくれれば。
 <トーセンマルス=9着>吉田豊騎手 掛かるわけではないが、すぐに反応できないところがある。
 <ルーズベルト=10着>北村宏騎手 よく頑張った。しまいは下がってしまったが、道中の感じも良かった。芝は大丈夫。




ラベル:弥生賞
posted by うまのり at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。