万馬券への道: マーチステークス 回顧

2011年04月11日

マーチステークス 回顧

ブラボーデイジーは昔から芝のイメージが強くてダートではと思っていたら、
最近はダートしか走ってないようですね。ダートがあっているのでしょう。
また、1着のテスタマッタも昨年のフェブラリーステークスで2着と実績のある馬。

今回も7番、9番、6番人気決着となり、波乱となりました。

それではレース後のジョッキーコメントを

(日刊スポーツより以下)
<ブラボーデイジー=2着>北村友騎手 落ち着きがあって具合はすごく良かった。勝った馬が58キロでこの競馬ですから強かった。かわされてからもしぶとかったし、次に期待ですね。
 <インバルコ=3着>後藤騎手 思った通りの競馬はできたが、悔やまれるのは4角で勝った馬よりも後ろの馬を待ってしまったこと。あそこは僕の判断ミスだった。本物になってきたと思うし、このメンバーでよく頑張っている。
 <マチカネニホンバレ=4着>内田騎手 砂をかぶると良くないので前で。もうひと伸びだった。力はあるので、こんな馬じゃないと思うけどね。
 <タガノジンガロ=5着>安藤勝騎手 ズブかったね。4角でペースが速くなってからが反応できなかった。そのあとはジワジワ伸びているんだけど。思い切ってハナとかに行った方がいいかも。
 <オーロマイスター=7着>吉田豊騎手 1800メートルだと止まるところがあるが、具合がいいので重い斤量でも頑張れた。距離はもう少し短い方がいい
 <キングスエンブレム=8着>福永騎手 4角まで完璧で、前も開いたんだけど止まった。休み明けの方が走れると思っていたんだけどね。もしかしたら内ラチ沿いの競馬が良くないのかもしれない
 <メテオロロジスト=10着>三浦騎手 うまくためで行けたんですけど。
 <クリールパッション=11着>津村騎手 外枠は良くなかった。内めでモマれる形がベスト
 <マイネルアワグラス=12着>松岡騎手 年齢的なものかズブくなってきた。距離ももう少し欲しい
 <ラヴェリータ=14着>武豊騎手 これだけキャリアがある馬なのに砂をかぶって嫌がっていた

(ラジオNIKKEIより以下)
1着 テスタマッタ(村山調教師)
「この強いメンバーの中で勝つことが出来て良かったですね。仁川Sを使って状態は良くなっていたのですが、その後、2回除外されたのでここへの道は順調とは言えませんでしたが、よく頑張ってくれました。この後は帝王賞から暮れのJCダートを目標にしたいですね。順調に行けば年明けのドバイも視野に入れたいと考えています」

考察
・オーロマイスターは距離が1400−1600mぐらいがベスト
・クリールパッションは外枠よりは内枠がベスト
・インバルコ:今回は後藤騎手のミス


posted by うまのり at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スピード指数4月10日を検証
Excerpt: 無料競馬予想・ソフト指数 4月10日の結果検証桜花賞2011 ■阪神11R◎8番マルセリーナは、安藤勝騎手にしては下手な騎乗で冷や汗もんでしたが、目を見張る差し足で1着。2〜 ...
Weblog: 無料競馬予想ソフトで個人予想
Tracked: 2011-04-15 18:54
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。