万馬券への道: 的中

2011年06月06日

ユニコーンステークス 的中

アイアムアクトレスがダートの登竜門と呼ばれるユニコーンステークスを勝利しました。
昨年はバーディバーディーが1番人気に答えての圧勝。
秋山騎手も勝利後のジョッキーコメントでは淡々と強さをアピールしていました。
やはり、ここの勝利は今後のダート戦線で活躍しそうです。楽しみな馬になりました。
タイセイファントムが惜しくも4着、いつもたらればですいません。
的中馬券:馬連^^

うまのり予想と結果
1着アイアムアクトレス ○
2着グレープブランデー ◎
3着ボレアス 無
4着タイセイファントム ▲
5着オメガスカイツリー 無
△ゴールデンアタック6着
△ホノカアボーイ12着

3番人気の牝馬アイアムアクトレス(長浜)が直線抜け出して重賞初勝利を飾った。勝ちタイムは1分36秒2。
 アドマイヤサガスがハナに立ち、2番手にキョウエイバサラ、3番手にアイアムアクトレスが着けて直線へ。2番人気ボレアス、大外から1番人気グレープブランデーが必死に追い掛けるが、一足早く抜け出したアイアムアクトレスが秋山騎手の好騎乗もあり、1馬身差を保ったまま後続を退けてそのままゴール。2着にグレープブランデー、2馬身差3着にボレアスが入った。
 払戻金は馬連(9)(11)は950円、馬単(11)(9)は2770円、3連複(9)(11)(14)は1500円、3連単(11)(9)(14)は1万1330円。

レース後のジョッキーコメントを
1着 アイアムアクトレス 秋山真一郎騎手
「いつもよりテンションが高く、スタートは気をつけましたが、うまく出てくれました。最後も抜かされそうな感じはありませんでした。これから無事に行ってくれれば楽しみです」

長浜博之調教師のコメント
「中1週で過酷なローテーションのなか、よく走ってくれました。1400mまでなら相手が強くなってもやれると思っていましたが、1600mでここまでのレースをしてくれて嬉しいです。この後は交流重賞も含めて考えます。距離についてはまだわかりませんが、とにかく東京ダート1600mをこなしてくれたのは大きいですね」

2着 グレープブランデー 横山典騎手
「よく頑張ってくれたよ」とはパートナーをたたえ、
安田調教師のコメント
「前が止まらなかったし、今日のところはやられました」と敗戦にも前を向いた。年末の小倉遠征を熱発で取り消し、関東へ初の輸送だった今回はマイナス8キロ。「輸送に弱いのかもしれない。今後のことはこれから考えたい」

3着 ボレアス C.ウィリアムズ騎手
「後ろからでは厳しいので中団を目指したのですが、ズブいところがあって行けませんでした。ペースが遅かったので早めに仕掛けましたが、最後はいい位置をとれなかった分が響きました」

4着 タイセイファントム 蛯名正義騎手
「距離は何とかなりました。素直で乗りやすい馬で、よく頑張りました」

5着 オメガスカイツリー 松岡騎手 
「スタートで出なくて、内で詰まってしまった。すごい走る馬。」

6着 ゴールデンアタック 幸英明騎手
「いつもより前でレースをしました。一瞬、追い出しを待たされましたが、そこからジリジリと伸びてくれました。それほど能力差はないと思いますので、もっと大人になってくれば違うでしょう」

7着 コルポディヴェント 北村宏司騎手
「流れに乗れてスムーズでしたが、思ったより脚がたまっていませんでした。まだ成長途上です」

9着 エーシンブラン 岩田康誠騎手
「力のある馬ですが、単騎で行ける方がいいかもしれません」

13着 ビッグロマンス 田中勝騎手 
「ずっと追っていた。G1を勝ったころの雰囲気にはもう少しだ。」

14着 アストロロジー 藤岡佑介騎手
「ポジションを取りに行こうとしたのですが、今日は前に行けませんでした」 (ラジオNIKKEI)

posted by うまのり at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

ヴィクトリアマイル 的中

今回はガミのりでした^^
的中馬券は馬連のみ。配当¥230−

◎ブエナビスタ2着
○アパパネ1着
▲エーシンリターンズ14着
△レディアルバローザ3着
△アンシェルブルー5着
△ショウリュウムーン13着
注コスモネモシン11着

しかし、アパパネ、最高に強かった。
2010年の年度代表馬のブエナビスタに勝ったのは強さの証。
負けたブエナビスタも最後は伸びているのですが残念でした。

フジテレビの解説者、岡部さんの「言葉が出なかった」のには同感です。

最後直線では3頭の息詰まる熱戦。
たしかに見ごたえありました。
ブエナビスタVSアパパネ
牝馬同士の戦いでは間違いなく歴史の名を残すレースとなったのではないでしょうか。
ダイワスカーレット、ウォッカがいない今、
今後のこの2強には注目したいところです。
次の戦いはどのレースになるのでしょうか、楽しみです。

それではジョッキーコメントを
1着 アパパネ 蛯名正義騎手
自分で競馬を作っての勝利で、非常に価値があると思います。三冠馬は勝てないとか外枠は不利だとかいろいろと言われましたが、すべてクリアしてくれました。本当に頭が下がります。前回我慢させる競馬をしたこともあり、今日は折り合いがつきました。馬を信じて自信を持って乗りました。(ブエナビスタは)最後絶対に来ると思っていましたし、やっぱり来ました。よくしのいでくれたと思います。最高にかわいい馬です

2着 ブエナビスタ 岩田康誠騎手
「馬は元気で状態はよかったと思います。すごく素直で乗りやすい馬でした。アパパネの後ろで理想的なレース運びができました。前を目標に追い出して、坂を上がってからもグーンと伸びましたが……」

松田博資調教師のコメント
「よく走っています。敗因? 敗因というより向こうがこちら以上によく走ったということでしょう」

3着 レディアルバローザ 福永祐一騎手
「早めに行って勝負に出ました。一瞬やったかと思いました。距離も1800〜2000mぐらいなら対応できると思います。これからが楽しみな馬です」

4着 グランプリエンゼル C.ウィリアムズ騎手
「前々の位置で思ったような競馬ができました。DVDで前もって研究しましたが、思った以上にこの馬は強かったです。マイルへの適応力もあります。ただ、前の2頭は強すぎましたね」

5着 アンシェルブルー 田中勝春騎手
「よく頑張ったと思います。これから先々、どこかでチャンスがあるのではないでしょうか

6着 スプリングサンダー 四位騎手 
「前走で1400メートルを使っていたので気合が乗っていた。それでも折り合いはついたし、いい感じで行けたよ」

7着 アニメイトバイオ 後藤浩輝騎手
「以前よりもイライラするところがなくなりました。最後は5着はあるかなと思ったぐらいグーッと来ました。雰囲気もよくなって、これから馬がよくなってくると思います」

8着 ワイルドラズベリー 池添騎手 
「いい脚を使って伸びているけど前も止まらず速かったからね。」

9着 ブロードストリート 武士沢騎手 
「勝負どころで下がってくる馬をうまくさばけなかった。もう少しスムーズだったら。」

10着 ディアアレトゥーサ 吉田豊騎手 
「すごく乗りやすい馬。こういう競馬を覚えていけば、もっと良くなるんじゃないかな。」

11着 コスモネモシン 松岡正海騎手
「引っ掛かりました。返し馬のときから尻っぱねをして、馬の雰囲気もあまりよくなかったです」

12着 カウアイレーン 横山騎手 
「よく頑張っているよ。」

13着 ショウリュウムーン 浜中騎手 
「このメンバーに入ると現時点では力不足の感じですね。」

14着 エーシンリターンズ 三浦騎手 
「思ってた以上にペースが速かった。」

15着 オウケンサクラ 北村宏騎手 
「考えていた以上に先手を取るのに苦労した。それでもこの馬の競馬はできたと思うので。」

16着 ブラボーデイジー 北村友騎手 
「出脚がつかないまま流れに乗れずに終わってしまった。こんな馬ではないと思いますが。」

17着 アプリコットフィズ 武豊騎手
「スタートしてすぐに引っ掛かりました。その後、折り合いがついたと思ったら、今度は前に行かなくなりました。何が原因なのかよくわかりません……」


考察
・アパパネ時代が到来か!
・ブエナビスタ、距離が伸びれば!
・アンシェルブルー、いつかどこかでチャンスあり!
・レディアルバローザ、1800〜2000で勝機あり!
posted by うまのり at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

阪神牝馬ステークス 的中

カレンチャンが1枠1番で好スタート。いい位置取りで4コーナーから直線でぬきんでました。
池添騎手の手綱さばきもよかったのでしょう。
久しぶりに本命が1着。
またしても馬券へたで3連単を逃しましたが、よしとしましょう。^^

的中馬券
馬連配当¥3,620−
3連複配当¥6,440−

レース後のジョッキーコメントです。
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 カレンチャン 池添謙一騎手
「今日はしっかりと折り合いもついて、リズムよくレースができました。アンシェルブルーに出られた後も差し返してくれました。現時点では1200mがベストだと思います。この馬は騎手の意のままにレースができる素直な馬です。いい形で成長しています。これからが楽しみです」

2着 アンシェルブルー 蛯名正義騎手
「とにかくレースのうまい馬。距離は1200mの方が、いろいろと融通がきくような気がします

3着 スプリングサンダー 四位洋文騎手
「ここまで来たら何とかならなかったかな、という気もしますが、この緩い馬場でもよく頑張ってくれました。これからまだ力をつけていけると思います」

5着 プリンセスメモリー 北村宏司騎手
「直線で捌くのに手間取ってしまいました。でも、十分戦える脚は持っています。ロスのないレースをすればもっと上を狙えます」

6着 レオパステル 村田一誠騎手
「惜しかったですね。でも、この馬は本当に頑張っています。今日は理想的に運ぶことができました。牝馬相手ならオープンでも十分戦えます

8着 レディルージュ 後藤浩輝騎手
「自分の中では理想通りにレースをしましたが、直線で一瞬しか来ませんでした。1200mで脚を使い切る方が合っているかもしれません

9着 サワヤカラスカル 浜中俊騎手
「状態はよかったですが、この馬は内でタメて弾けさせた方がいい馬ですからね。この枠では自分の競馬に持ち込めませんでした」

11着 サングレアズール 松岡正海騎手
「展開を考えると控えた方がよかったかもしれません。久々でしたから、使われて次はよくなってくれると思います

(日刊スポーツより以下)
<アンシェルブルー=2着>蛯名騎手 よく頑張っている。枠順が逆だったら、競馬も逆になっていたと思う
 <スプリングサンダー=3着>四位騎手 あそこまで来たらどうにかしたかったが。今後もっと力をつけていくと思う。
 <プロヴィナージュ=4着>佐藤騎手 決して得意じゃない千四でも力負けはしていないし、また今後頑張ってくれると思う。
 <プリンセスメモリー=5着>北村宏騎手 少しさばくのに手間取ったが、いい脚でした。展開が向けば足りる馬だと思います。
 <グランプリエンゼル=7着>武豊騎手 まずまず折り合っていたが、直線は進路を探しながらだった。
 <サワヤカラスカル=9着>浜中騎手 外枠だったので、ためてはじける競馬ができませんでした。
 <ギンザボナンザ=11着>岩田騎手 もう少し前なら良かったが。流れに乗れなかった面がある。
 <サングレアズール=12着>松岡騎手 良くなっていたけど、本来もっと素軽い馬。使って良くなる。

posted by うまのり at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

高松宮記念 的中

キンシャサノキセキの連覇達成ということで、本当に強いスプリンターだと感動しました。
前走の斤量59kgでオーシャンステークスは怒涛の追い込みで2着はやはりすごいんだなと。
8歳馬とは感じませんね。おめでとうございます。
それにしても、ジョッキーコメントをみると、かなり多くの馬が不利を受けていたように感じます。
降着処分のダッシャーゴーゴーの川田騎手も残念でしょう。
特にジョーカプチーノが不利を受けてやる気をなくしたのには残念です。
本命のスプリングソングも不利を受けたようで、残念です。

予想ではサンカルロは無印でしたが、
馬券は○印のキンシャサノキセキからレッドスパーダ、サンカルロ、サマーウインドへ流していました。すいません

的中馬券:馬連配当¥2,370−

それではレース後のジョッキーコメントを
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 キンシャサノキセキ(リスポリ騎手)
「震災で困っている人が大勢いる中で複雑な気持ちですが、今日は弟の誕生日でいいプレゼントが出来ました。馬は今日は落ち着いていて、いいコンディションでした。仕上げてくれた堀先生にも感謝しています。来年も必ず日本に戻って来ます」

2着 サンカルロ(吉田豊騎手)
「1200mで位置取りが馬群の中になってしまい、外に出したかったのですが出すことが出来ず、馬群を割る形になりました。でも狭いところを抜け出す根性がありますね。1200mの流れにも慣れてきました

4着 ビービーガルダン(佐藤哲騎手)
「もう少し流れに乗りたかったですが、スピード負けしている感じ。今日の落ち着き方を見ると、今後はマイルの方がいいかもしれません

5着 レッドスパーダ(横山典騎手)
「不利は受けたけど他の馬も受けましたからね。そんな中この馬も頑張っています」

6着 ショウナンアルバ(蛯名騎手)
「あまり位置を取りに行くと折り合いを欠きます。だからゲートを出たなりのレースしか出来ませんが、最後もよく来ています。楽にポジションを取れるようになれればいいのですが…」

7着 スプリングソング(池添騎手)
「不利や故障馬の煽りもあってスムースさを欠きました。スムースにレースが出来ればもう少し上の着順に行けたと思います

10着 ジョーカプチーノ(藤岡康騎手)
「ゲートも雰囲気が良く、いいペースでレースが出来ましたが、3コーナーで不利があり、減速した後はエンジンがもう掛かりませんでした

15着 ワンカラット(藤岡佑騎手)
「スタートも良く、不利も受けず、いい競馬だったと思いますが、外枠が響きました」


考察
@キンシャサノキセキは完璧だった。
Aジョーカプチーノは根性がもうひとつか!
B巻き返しを期待したい馬:ジョーカプチーノ、スプリングソング、レッドスパーダ
Cど根性馬:サンカルロ、今後も期待したい!
Dダッシャーゴーゴー、結構降着が多いな!
Eビービーガルダンはマイルのほうがあっているか?
タグ:高松宮記念
posted by うまのり at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーカップ 的中

1着は5番人気のトレンドハンター。
2着は1番人気のハブルバブル。
3着は7番人気のマヒナできまりました。

ハブルバブルは若干不利を受けたようですが、実力は本物です。
桜花賞が楽しみですね。

的中馬券:馬連配当¥1,740−

マヒナ−トレンドハンターで決まっていればうれしい万馬券?だったのですが。
また、3連複も買い方によってはとれたのですが、馬券へたですね。^^

それではレース後のジョッキーコメントを
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 トレンドハンター 岩田康誠騎手
「折り合いもつくし、反応もよく、初めての芝でも期待通りに走ってくれました。レースも上手です」

2着 ハブルバブル U.リスポリ騎手
「4コーナーまでイメージ通りに走ってきましたが、直線で勝ち馬に前に入られてしまいました。でも、前走よりも反応もよかったし、本番は楽しみだと思います」

(日刊スポーツより以下)
<ハブルバブル=2着>リスポリ騎手 最後は勝ち馬にカットされてしまった。あれがなければ勝っていたのでは…。残念。
 <マヒナ=3着>蛯名騎手 競馬が上手な馬。素質はあるけど、まだしんが弱い。追って体が浮いている感じだった。
 <マイネイサベル=4着>松岡騎手 後ろから運びたかったけど、枠も外だったし行くことにした。それにしても離されすぎ。手前も何度か替えていたし、左回りの方がいいのかな
 <ライブインベガス=5着>大庭騎手 もう少しうまくさばきたかった。馬は2戦目で、動きは良かったよ。芝もこなしていた。
 <シナル=6着>三浦騎手 リズム良く走っていた。これからどんどん良くなっていきそう
 <サトノフローラ=7着>内田騎手 外から来られたらひるんで、エンジンがかからなかった。能力を出していない
 <サトノフォワード=8着>秋山騎手 キャリア1戦で、ゴチャゴチャしたところに入ってしまった。これから経験を積めば


考察
@マイネイサベルは右回りは苦手!
Aハブルバブルは能力高い!
posted by うまのり at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

弥生賞 的中

皐月賞に向けて、サダムパテックが万全の体制となりました。
テレビで観戦していましたが、
ゴール前は混戦状態でした。
2着以下はきわどいかんじでした。
1着のサダムパテックは強かったですが、
前半1000mの通過が61.7秒とスローペース。
果たして、皐月賞の流れではどうなるでしょうか。
デボネア、プレイもしぶとさを感じました。
楽しみになってきました。

的中馬券
馬連配当¥2,220−
3連複配当¥3,780-

それではジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 サダムパテック 岩田康誠騎手
「今日は初騎乗でしたが、結果を出したいと思っていました。位置取りや折り合いに気をつけて乗りました。スタートで他馬とぶつかって行く素振りを見せましたが、1コーナーで抜けてよかったです」

2着 プレイ 松岡正海騎手
「今日のメンバーで2着なら上々でしょう。まだよくなってきそうです」

3着 デボネア 佐藤哲三騎手
「スローの瞬発力勝負になってしまいました。まだペースの切り替えがうまくできず、課題も多いのですが、そんな中で勝てそうな雰囲気はありました。これで権利が取れたので、本番に向けてじっくりと調整できるのはいいですね」

7着 ウインバリアシオン 福永祐一騎手
「スタート直後に他の馬に寄られてしまい、位置が悪くなってしまいました。外から上がっていくときに内の馬を気にしたのか、外に逃げてしまいました。今までそんな面を見せたことはなかったのですが……」

11着 ターゲットマシン 田中勝春騎手
「若さが出てしまいました。ゲートに入ろうとしませんでしたしね」

(日刊スポーツより以下)
<ショウナンマイティ=4着>浜中騎手 いいリズムで走っていたが3角で進まなくなった。4角で外に出したらもう一度伸びたが最後は反応がなくなった。よく分からない。
 <アッパーイースト=5着>蛯名騎手 スローだったし前回下げてダメだったのであの位置を主張した。1勝馬だが素質を感じる。
 <ギュスターヴクライ=6着>内田騎手 テンに出しても掛からなかったし、とても乗りやすい。1度中山を使っていれば結果は変わったかも。
 <ウインバリアシオン=7着>福永騎手 スーッと上がって行ったが、内の馬を気にして外に逃げてしまった。どうしてだろう。
 <オールアズワン=8着>安藤勝騎手 前で競馬するつもりだったが行き脚がつかず直線も右にもたれた。返し馬から力んでいた。次は気がぬけてくれれば。
 <トーセンマルス=9着>吉田豊騎手 掛かるわけではないが、すぐに反応できないところがある。
 <ルーズベルト=10着>北村宏騎手 よく頑張った。しまいは下がってしまったが、道中の感じも良かった。芝は大丈夫。


タグ:弥生賞
posted by うまのり at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

阪急杯 的中

◎のガルボは2着を死守。1着のサンカルロ、強かったですね。
これで、高松宮記念は混戦必死ですね。楽しみになってきました。

的中馬券
馬連配当¥1,270−

それではジョッキーのコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 サンカルロ(吉田豊騎手)
「やっとこの馬の強さを出す競馬が出来ました。これまで賞金が加算出来ていませんでしたから、今日は本番に向けて絶対に加算しなければと思っていましたので、勝ててホッとしています。レースも、うまく中団で馬の後ろにつけられました。これで本番にいい形で臨めます」

2着 ガルボ(岩田騎手)
「直線窮屈なところもありましたが、割って行ったらいい脚を使ってくれました。枠順も良く、インで辛抱出来て、ムキにならずに走っていたのですが…。でも、レースセンスはあるし、力のある馬です」

3着 フラガラッハ(四位騎手)
「折り合いに難しいところがあるので、出た感じで行って欲しいということでした。マイルが一番良さそうで、開幕週なのによく来ています」

5着 ワンカラット(藤岡佑騎手)
「休み明けでしたが、フレッシュでいい状態でした。最後は窮屈になりましたが、よく伸びてくれました。いい内容でしたし、次はGI、順当に体も絞れて良くなると思います」

7着 ショウナンカザン(藤田騎手)
「単騎でハナに行きたかったです。行けていれば違っていたと思います」

8着 ビービーガルダン(リスポリ騎手)
「思ったほど行きっぷりが良くありませんでしたし、最後は前が壁になってどうしようもありませんでした。この馬は前へ行った方がいいという意見もありますが、後ろから行っても良かったかなと思います」

10着 サワノパンサー(福永騎手)
「好調が長かったのですが、ここへ来て疲れが出たのかもしれません。返し馬の感触で分かりました。体調が戻ればやれると思います」

11着 コスモセンサー(佐藤哲騎手)
「ハナに行くのに時間が掛かりました。1800mを使った後でしたし…。それでも気持ち良く行かせることが出来ましたから、次は良くなると思います」

(日刊スポーツより以下)
<スプリングソング=4着>池添騎手 もう少し楽に行けると思っていましたが。余裕があったのかも。
 <ワンカラット=5着>藤岡佑騎手 1度控える場面がありながら伸びていたし次が楽しみ。
 <サワヤカラスカル=6着>浜中騎手 帰厩して日が浅い割には、次につながる内容。
 <ショウナンカザン=7着>藤田騎手 もう少し楽に行きたかったね。
 <ビービーガルダン=8着>リスポリ騎手 思ったほど行きっぷりが良くなかった。後ろから差しても良かったかも。
 <ケイアイデイジー=9着>幸騎手 4角は勝ち馬と同じ位置でしたがジリ伸び。大外枠も響きました。
 <サワノパンサー=10着>福永騎手 疲れが出てきたのか、返し馬でトモが沈んでいました。体調が戻ればやれるはずです。
 <コスモセンサー=11着>佐藤騎手 千八から千四へ替わったせいか行くのに時間を要しました。
 <トシギャングスター=15着>熊沢騎手 ブリンカーが利きだした。上手に走っていたし先々が楽しみ。
タグ:阪急杯
posted by うまのり at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーリントンカップ 的中

一昨日から体が重くだるいです。花粉症のせいかもしれません。

アーリントンカップは予想以上にキョウエイバサラが奮闘し、2着となりました。
おかげでワイドがWで的中となりました。馬連にしていないのが弱いところでしょうか。
テレビ東京で観戦していたのですが、久々に興奮しました。

的中馬券
キョウエイバサラ 複勝配当¥2.620−
ワイド3−12¥8,020ー
ワイド2−3¥6,550−

それではジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 ノーザンリバー 武豊騎手
「雰囲気は以前乗ったときよりもよかったです。ゲート入りを嫌がっていましたが、スタートは一番速かったですね。マイナス12キロも問題ありませんでした。レースのしやすい馬です」

2着 キョウエイバサラ 福永祐一騎手
「リズムよく、理想的な形で行けました。芝の感触もよかったですから、芝も合うのかもしれませんね」

3着 テイエムオオタカ 幸英明騎手
「マイペースで行かせてもらえました。差のないところまで来ていただけに、もうひと踏ん張りというところですが、ラストもまた差し返そうとしてくれました。クセのない乗りやすい馬です」

4着 ラトルスネーク U.リスポリ騎手
「直線でカベになってしまいましたが、ラストはよく伸びてくれました。負けて強しというか、いいところは見せてくれました」

5着 スマートロビン 岩田康誠騎手
「なんとか道中は前にとりついてレースをしました。スペースはありましたが、そこにスッと入り込む反応ができませんでした。もう少し長い距離の方がいいのかもしれません」

7着 ノーブルジュエリー M.デムーロ騎手
「ゲートで待たされて、スタートのタイミングが合いませんでした。スタート後に寄られましたし、掛かるところもあって、前回ほどの脚は使えませんでした」

10着 マジカルポケット 松岡正海騎手
「無理せず、前々の位置からレースをしました。それだけに今回のマイルは少し長い気がします。1200〜1400mがベストかもしれません」


(日刊スポーツより以下)
<キョウエイバサラ=2着>福永騎手 返し馬の時から感触はあったし、芝でも良かったね。理想的に運べた。
 <テイエムオオタカ=3着>幸騎手 最後もハミをとって差し返そうとしていた。スピードを生かす競馬が合うと思う。
 <ラトルスネーク=4着>リスポリ騎手 直線で前が壁になった。次は外を回っても大丈夫なぐらい、折り合いは成長している。
 <スマートロビン=5着>岩田騎手 取りついては行けたけど、最後はスペースがあっても反応できなかった。
 <ノーブルジュエリー=7着>デムーロ騎手 ゲートでイライラしていた前走と違って落ち着いていたが、だいぶ待たされたのがね…。出た後、両サイドから挟まれて後ろからに。前回はすごく切れたが、少しずつしか伸びなかったのでベストは千四なのかな。
 <マジカルポケット=10着>松岡騎手 ちょっと距離が長いのかな。抜群の手応えだったけど…。

posted by うまのり at 09:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

京都記念 的中

トゥザグローリー、やりましたね。
ヒルノダムールも3着と惜しかった。
またしても重賞に届きませんでしたが、この馬は中山コースで1800〜2000ぐらいが
いいのではないでしょうか。さらに期待したいところです。
2着は牝馬のメイショウベルーガ、やはりこの馬は京都が合いますね。

トゥザグローリー、本格的に良血開花となるのでしょうか。
今後がさらに楽しみです。

的中馬券:馬連¥1,120-、3連複¥1,020-

(ラジオNIKKEIより以下)
1着 トゥザグローリー(リスポリ騎手)
「3コーナーを回ったあたりで勝てるのではないかと思いました。本当に強かったですね。僕は乗っているだけでした。乗せてくれたオーナーや厩舎スタッフの方々に感謝したいです。池江泰郎先生にも定年間際に勝利をプレゼント出来て本当に嬉しいです」

2着 メイショウベルーガ(池添騎手)
「悔しいです。この馬もいい脚を使っていましたが、勝った馬とは手応えが違いました。坂の下りで少し置かれたのが痛かったですね。それでも力のあるところは見せてくれているだけに残念です」

3着 ヒルノダムール(藤田騎手)
「今日は勝ったと思ったのですが…」

4着 ダノンシャンティ(安藤勝騎手)
「返し馬までは良かったんですが、ゲートの後ろまで来た時にスイッチが入ってしまってカーッと燃え出してしまいました。出たなりの位置でと考えていたのですが、あれほど位置が前になるとは思いませんでした。ただ、決してベストとは言えないこの距離でも止まらずジリジリと来てくれていますし、マイルから2000mくらいなら相当やれると思います」

5着 ロードオブザリング(四位騎手)
「格上挑戦でしたが、状態も良く、コース相性も良かったのでしょう。最後までいい伸びでした」

7着 オウケンブルースリ(内田博騎手)
「好位からのレースは考えていませんでした。3コーナーで先団の後ろくらいにつけることが出来ればと思いましたが、平均ペースのせいか、思ったように進んで行きませんでした。仕掛けの反応ももう一つ。今回は久々で、コンスタントに使っていけばまだまだ力のある馬です」


(日刊スポーツより以下)
<ロードオブザリング=5着>四位騎手 格上相手だったが、出来も良かったし、この舞台が合うんだと思う。先々が楽しみ。
 <ビッグウィーク=6着>川田騎手 着順は悪かったですが、よく走っています。休み明けだったし、天皇賞へ良くなっていけば。
 <オウケンブルースリ=7着>内田騎手 いつもは仕掛けるといい反応をしてくれるが…。有馬記念以来だし、使っていけば。
 <プロヴィナージュ=8着>佐藤騎手 休み明けでも馬は良くなっていた。ただ、重めの馬場で上り下りは少しきつかったかな。
 <セラフィックロンプ=9着>宮崎騎手 メンバーが強かった。この馬のリズムで走れたし、しまいも反応してるんですが。
 <シャドウゲイト=10着>岩田騎手 ゲートも普通に出たし、この馬の競馬はできたんだけど…。
 <ホワイトピルグリム=11着>福永騎手 距離ロスを少なくするために内を回ったけど、のめっていた。
 <ヒカルカザブエ=12着>秋山騎手 長い間休んでいたから。また元気になれば、もっとやれると思う。



タグ:京都記念
posted by うまのり at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

日経新春杯 的中

ここへきて、ルーラーシップが開花しました。
岩田騎手が乗ってないのは残念でしたが、かなり強かったですね。
春のG1戦線が楽しみになってきました。
一方ローズキングダム、やはり疲れもあったのでしょうか、斤量も58kgと重そうでした。
しかし、後半の伸びはやはり能力の高さが伺えます。
巻き返しに期待したいところです。

的中馬券:馬連配当¥960−
     ヒルノダムール複勝¥140−


(ラジオNIKKEIより以下)
1着 ルーラーシップ U.リスポリ騎手
「ジャパンCを勝った馬に勝てたことは嬉しいですね。強い馬です。この馬自身、GI戦線で戦えることがわかりました。スローペースになるのではと思っていたので、4コーナーではある程度の位置に、と考えていました。思っていた通りのレースで、最後もよく弾けました」

2着 ヒルノダムール 藤田伸二騎手
「上手く乗れましたが、もう少し流れて欲しかったですね」

3着 ローズキングダム 武豊騎手
「モタついて、直線では内にササるような面を見せていました。本来はもっと切れる馬なんですが……」

4着 ナムラクレセント 和田竜二騎手
「流れは思った通りでした。本来ならもっとハンデ差が欲しいですね。決め手勝負は厳しいですから」

5着 ホワイトピルグリム 福永祐一騎手
「内ぴったりを回って、よく頑張っています。休み明けでこれだけやれたら上出来でしょう」

6着 ゲシュタルト 池添謙一騎手
「体は戻ってきています。いいリズムで4コーナーまで来ましたが、外から一気に勝ち馬に交わされて、気持ちが途絶えてしまったようです」

9着 オートドラゴン 渡辺薫彦騎手
「折り合いはつきましたが、このクラスになると現時点では荷が重いのかもしれません。距離も微妙に長いのではないでしょうか」

10着 ビートブラック 幸英明騎手
「1コーナーで先手を取りましたが、これまでやったことのない競馬でしたから……。いつも通りの競馬をしていれば、もう少し上位に来られたかもしれないですね」

(日刊スポーツより以下)
<ルーラーシップ=1着>JRA重賞初勝利を挙げたウンベルト・リスポリ騎手(22=イタリア)は「こんなにスムーズに勝てるとは思っていなかったが、G1でも通用する馬。ローズキングダムに勝ててうれしい」と笑顔をふりまいた。
<ローズキングダム=3着>ハンデ58キロを背負ったローズキングダム(牡4、栗東・橋口)にジャパンC制覇の面影はなかった。道中でスムーズさを欠いたまま4コーナーへ。最後はメンバー最速上がりの34秒3で急追したが、3着確保が精いっぱい。「よく分からない。少しもたついたし、内にささっていた。ラストは来てるけど…」と武豊騎手。1番人気を背負って完敗に表情は硬かった。
<ナムラクレセント=4着>和田騎手 思った通りにやれたけど、もう少しハンデ差が欲しかった。
 <ホワイトピルグリム=5着>福永騎手 前に行けなかったけど、内を突けたのが良かった。休ませて良くなっている。
 <ゲシュタルト=6着>池添騎手 4コーナーで手応えはあったけど、勝ち馬にあっさりかわされてやめるような感じになった。
 <ウィルビーキング=7着>佐藤騎手 最後も止まっていない。この前向きな姿勢が今後に生きれば。
 <エーティーボス=8着>村田騎手 馬は良くなっている。相手が強かった。
 <オートドラゴン=9着>渡辺騎手 心配していた折り合いはついたけど、現時点では荷が重かった。
 <ビートブラック=10着>幸騎手 いつも通りの競馬なら、もっと前に来ていたかもしれないけど…。
 <ドモナラズ=11着>北村友騎手 メンバーが強かったし、距離も長かった。
 <コスモヘレノス=12着>丹内騎手 3コーナーでもう少し反応してくれると思ったんだけど。
 <メイショウクオリア=13着>武幸騎手 いつもより行きっぷりが悪かった。
タグ:日経新春杯
posted by うまのり at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

京都金杯 的中

これは、驚きました。
データ予想のほうでは、

ということで、
データ的には・・・
シルポート
ショウリュウムーン
ガルボ
ライブコンサート
あたりでしょうか!

としてたのですが、

予想結果は
◎サンディエゴシチー 6着
○ガルボ 2着
▲ダンツホウテイ 12着
△シルポート 1着
注ネオヴァンドーム 5着
消リーチザクラウン1番人気−4着

今回、ガルボからも流していたおかげで
馬連が的中しました^^
的中馬券:馬連配当¥4,470−

データから4頭中、3頭が入っておりました!
そのままボックスで買っていたらと思うと、悔やまれます。
いつもそんなもんでしょうか。

しかし、小牧騎手、してやったりではないでしょうか。
スローペースに持ち込んでの逃げにぴったりとはまりました。

それでは、レース後のジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 シルポート 小牧太騎手
「思っていた通りのレースができました。前回よりも馬が良くなっている感じです。最後は何とか振り切ってくれと祈りながら乗っていました。とにかく馬をしっかりよく造ってくれた厩舎スタッフの方に感謝します」

西園正都調教師
「これまでは後ろを離して逃げるイメージでしたが、ひきつけて逃げることができるようになりました。馬が力をつけています。これだけ強い勝ち方をしてくれたので、香港も視野に入れつつ安田記念を大目標にしたいと思います」

2着 ガルボ 池添謙一騎手
「前の馬は楽に逃げていると思っていましたが、差し馬も怖いですからね。レースはうまく運べました。力をつけています。もう少しですね」

3着 ライブコンサート 岩田康誠騎手
「もっと早めのレースをしたかったのですが、ペースが遅かったです。ただこの馬なりによく伸びています。力は出し切っています」

4着 リーチザクラウン 武豊騎手
「折り合いは何とかつきましたが、一歩目が遅く獲りたいポジションにライブコンサートが入る形になりました。あとひとつ前のポジションでレースをしたかったですね」

6着 サンディエゴシチー 藤岡佑介騎手
「プラス22キロはそれほど気になりませんでした。道中はしっかり折り合ってレースを進めました。4コーナーで馬場に脚をとられる形になりましたが、最後はよく伸びてくれました。レースセンスのある馬。次も頑張ってもらいたいですね」

(日刊スポーツより以下)
<ネオヴァンドーム=5着>福永騎手 3000メートルの後の割には、上手に競馬をしていた。これくらいの距離なら。
 <サンディエゴシチー=6着>藤岡佑騎手 体重は大幅プラスだったけど、そう気にはならなかった。少しずつ折り合いに進境が見られる。
 <スマートステージ=7着>四位騎手 大外だから中途半端に外を回るより、いったん下げてインコースをつこうと思った。この距離はむしろいいんじゃないかな。いい脚を使った。
 <リザーブカード=8着>安藤勝騎手 確実にジワジワきているけど、前が止まらなかったね。
 <ショウリュウムーン=9着>浜中騎手 直線で外に出したら、内にササって…。直しながらだから伸び切れない。
 <リクエストソング=11着>秋山騎手 3角までは良かったけど、外から馬が来た時に動けなかった。スイッチが入らなかった。
 <ダンツホウテイ=12着>太宰騎手 3角でポジションを下げてしまって、そこから上げられなかった。
 <スズカコーズウェイ=13着>古川騎手 道中は楽だったけど、集中しきれていない。一瞬反応しただけだった。
 <マイネルファルケ=16着>和田騎手 行きっぷりが良くなかったね。


タグ:京都金杯
posted by うまのり at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山金杯 的中

中山金杯は本命のモエレビクトリーがんばったのですが、
わずかに4着、複勝も届かず、残念でした。
しかし、▲コスモファントムが1着で単勝、複勝を的中しましたが、結果ガミで終わりました・・・
的中馬券:単勝配当¥280− 複勝配当¥140−

モエレビクトリーが逃げて粘ったのですが、あと一歩でした。
枠が外枠だったのが影響したのかもしれません。
的場親子に期待していたのですが、またがんばってほしいものです。

それでは、レース後のジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより以下)
1着 コスモファントム 松岡正海騎手
「スローな流れになったら自分でハナを切っていくつもりでしたが、予想通り、モエレビクトリー、ケイアイドウソジンが行ってくれたので、その後ろでスムーズに進めました。内でロスなく行けて、最後に前が開くかどうかだけでしたが、うまく開いてくれました。いつも一生懸命走ってくれる馬で、本当に頭が下がります。新年早々のレースで勢いがつきましたから、今年は一気に突っ走りたいですね」

2着 キョウエイストーム 石橋脩騎手
「もう少し前の位置をとれていれば狙いたいところに入れるんですが、直線でも内があいているのに先に前に入られたりしてしまいます。ただ、中山だとスッと伸びる脚が長続きしますから、このコースは得意ですね」

3着 ナリタクリスタル 幸英明騎手
「久々でしたが状態も良く、いいレースをしてくれました。一瞬抜け出しているんですが、内から出られてしまって・・・。馬体を併せる形だともう一度伸びる馬なんですが」

4着 モエレビクトリー 的場勇人騎手
「いいペースで行けましたし、4コーナーでも手応えが残っていました。負けはしましたが、久々の重賞ですから、今日は馬を褒めてあげたいですね」

5着 ケイアイドウソジン 吉田豊騎手
「2番手で折り合いましたが、少しハミを噛んだところもありました。いいペースでいい位置を進めていたんですが」

8着 ミステリアスライト 蛯名正義騎手
「レースとしては悪くないと思いますが、手応えの割にジリジリとしか伸びなくて・・・。もうちょっとピリッとした脚が使えれば、結果は変わってくると思うんですが」

(日刊スポーツより以下)
<モエレビクトリー=4着>的場騎手 いいペース、リズムで走れた。久々の重賞でよく頑張った。
 <ケイアイドウソジン=5着>吉田豊騎手 2番手でも折り合いはついたが、逃げた方がいいかも。
 <ダイワジャンヌ=6着>北村宏騎手 一瞬内に入るところで寄られた。きれいにさばけていれば。
 <イケドラゴン=7着>大野騎手 休み明けのせいか、4角の手応えが悪かった。大型馬だし使って良くなると思う。
 <ミステリアスライト=8着>蛯名騎手 伸びそうだったがジリジリだね。左回りの方がいいかも。
 <トウショウウェイヴ=9着>中舘騎手 状態は良くなっているので得意の東京に戻れば。
 <マイネルスターリー=10着>ベリー騎手 他馬に気を取られスタートをミスしてしまった。外にも出せずもったいなかった。
 <セイクリッドバレー=11着>三浦騎手 ペースが落ち着いてしまった。テンに行けない馬なので。
 <アクシオン=12着>内田騎手 行きっぷりは悪くなかったし前が開いていたが最後は反応しなかった。
 <アルコセニョーラ=13着>武士沢騎手 展開に尽きる。流れてくれないと厳しい。
 <アブソリュート=14着>田中勝騎手 調教が良くて楽しみにしていたが、今日は雰囲気が悪かった。
 <マッハヴェロシティ=15着>宮崎騎手 中団に行きたかったが…。ペースが落ち着いて流れが向かなかった。
 <ロードキャニオン=16着>吉田隼騎手 出していくつもりが行けなかった。前走で長距離を使ったせいか道中ずっと忙しかった。


タグ:中山金杯
posted by うまのり at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

愛知杯 的中

大本命のヒカルアマランサスがなんとか、3着に食い込んだおかげで、複勝的中。
しかし、ガミでしたが、よしとしましょう。
的中馬券:複勝配当¥230−
あまり単複は購入しないのですが、よくよく考えると、単複も一考の価値ありと判断。
今後は単複を中心にしていこうかなと、そうすると、欲が出てくるのが、本能というもの。
来年はこの欲とどう戦うか、自己本能を制御して精進したいと思います。
まず、的中率をあげるのがやはり課題でしょうか。
がんばりますパンチ

また、このレースで最後となった生野騎手、ブラボーデイジーで2009年福島牝馬Sで重賞初制覇していますが本当にお疲れさまでした。騎手で重賞を獲るのは、本当に大変なことですね。
生野騎手のコメントをどうぞ↓
●生野賢一騎手のコメント(JRA発表による)
「いま思えば、あそこをこうすればよかったなどと思うこともありますが、重賞も勝たせてもらい、GIにも騎乗させていただき、すべての関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯です。思い出に残っている馬は、重賞を勝ち、GIでも2着になったブラボーデイジーです。今後は音無先生の下で調教助手となりますが、厩舎が盛り上がるよう強い馬作りをしていきたいと思います。応援していただいたファンの皆様には本当にありがとうございましたと言いたいです」

それでは、レース後のジョッキーコメントをどうぞ↓
レース後のコメント(ラジオNIKKEIより)
1着 セラフィックロンプ 宮崎北斗騎手
「前回勝ったときは運に恵まれましたが、今日は勝ちに行ってのレースで勝てて嬉しい。理想通りの展開で、馬に無理をさせずにレースができました。直線で内からブロードストリートが来たときに『やはり来たか』と思いました。最後は必死でしたが、よく頑張ってくれました。この馬にはいろいろ教えられて、またひとつ思い出が増えました。6歳ですが充実していますし、人馬ともさらに頑張りたいですね」

武藤善則調教師のコメント
「これ以上ない形でレースをしてくれました。この馬にはいろいろと教えてもらい、頭が下がる思いです。まだフレッシュな体をしているし、来年も現役を続ける予定です」

3着 ヒカルアマランサス 池添謙一騎手
「フワフワと走っていた分、3コーナーで置かれてしまいました」

4着 イタリアンレッド 秋山真一郎騎手
「大味なレースの方が合っています。いい脚を使ってくれました」

8着 バイタルスタイル 荻野琢真騎手
「折り合いもついたし、反応もしたし、止まってはいないのですが決め手の差が出ました」

11着 ブライティアパルス 藤岡康太騎手
「レース前から雰囲気がよくて、折り合いもついたのですが、3コーナーで中止した馬を避ける馬にぶつけられて終わってしまいました」



タグ:愛知杯
posted by うまのり at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日杯フューチュリティステークス 的中

勝った、グランプリボス、すごい脚で突っ込んできましたね。
内で粘ったリアルインパクト、これも強かったですが、残念でした。
案の定、サダムパテックはこのレースでは勝てないとふんでいて正解でした^^
押さえの3着もいらなかったですね。
グランプリボスの血統は父がサクラバクシンオーですから、1600mまでが限界かなと思いますが、なんだか2000mぐらいでも通用しそうな気がしました。来年のクラシック、特に皐月賞は楽しみになってきましたが、たぶんNHKマイルカップを照準にあわせているようです。
ちなみに、今週末のラジオNIKKEI賞も楽しみですが・・・
あと、4コーナーでグランプリボスが外の馬を妨害したようにも見えましたが
レース後、審議で降着対象にはならなかったようですね。ほっとしました・・・わーい(嬉しい顔)
馬券は馬連で的中しましたが、3着のディープ産駒のリベルタスまでは予想できず、ちと残念^^
また、リアルインパクトにはぜひ武豊騎手に今後騎乗してもらいたいなあと、個人的な見解^^

的中馬券:馬連配当¥4,990−

それでは、レース後のジョッキーコメントをどうぞ↓
レース後のコメント
(ラジオNIKKEIより)
1着 グランプリボス M.デムーロ騎手
「馬場に出たときにいい手応えでしたし、マイルでもこなしてくれると思っていました。スタートが速い馬なので、外枠でも大丈夫と思っていましたが、道中の位置取りは思ったよりも後ろでした。ただ、ハイペースでしたしリラックスして走るという意味ではよかったと思います。最後は本当にいい脚でした。マイラーとして今後すばらしい馬になるでしょう」

矢作芳人調教師のコメント
「審議を待っているときは微妙かなと思いましたが、何があっても競馬だと思って無心で待っていられました。その分、泣き損ねましたが(笑)。手応えはあると見えましたし、あとは直線で前があくかだけが心配でしたがよかったです。挑戦者のつもりでいましたけど、内心燃えるものはありました。割と早い時期から完成されていましたし、折り合いも最終追い切りで完璧につきましたし、心配していませんでした。あとはミルコ(デムーロ騎手)に任せるだけでした。今のまま無事に行ってくれればと思います。自分の適性外の距離では戦わせたくないですし、あくまでもNHKマイルCを今後は最大目標にしていくつもりです」

2着 リアルインパクト F.ベリー騎手
「4コーナーまで馬がリラックスしていて、直線で追い出してからスーッと伸びてくれました。馬自身は頑張ってくれましたが、負けてしまって本当に申し訳ないです」

3着 リベルタス 福永祐一騎手
「イメージ通りスタートも出たし、直線で内もあいてくれました。まだ弾け切れていないような感じもありますし、これからもっとよくなると思います。折り合いも大丈夫でした」

4着 サダムパテック C.スミヨン騎手
「スタートが悪く、中団まで持って行きたかったので、あの位置に行きました。それでも末脚をなくすことはないだろうと思っていました。でも、そのあと急にハミがかりがおかしくなり、コントロールがきかなくなりました。パドックや地下馬道では今日はいい状態だと思いましたが、レースでは最後までリラックスして走れませんでした。馬の力を出し切れなかったです」

5着 リフトザウイングス C.ルメール騎手
「スタート前に馬がナーバスになって、興奮していました。ゲートの中では頭を上下していました。それでもスタートはマズマズ出てくれて、かかり気味になりましたが、レース後半は落ち着いてくれました。直線の反応はよかったのですが、2000mぐらいの距離の方がいいのかもしれません」

6着 マイネルラクリマ 松岡正海騎手
「道中はリベルタスの位置を取りたかったですね。もっとも距離が延びていい馬ですから、これからです」

12着 タガノロックオン 田辺裕信騎手
「初めて乗りましたが、ダートの方がいいのかもしれません」

14着 エーシンブラン 蛯名正義騎手
「外枠だったこともあり、レースの前半は結構ハミを噛んでしまいました。4コーナーまではよかったが、そこで息が切れてしまいました」

(日刊スポーツより以下)
<トキノゲンジ=7着>安藤光騎手 ゲートもスタートも良かったよ。距離が延びてもいい感じがする。
 <ロビンフット=8着>後藤騎手 4角で前がグチャグチャになり、馬が気を取られてしまった。
 <オースミイージー=9着>渡辺騎手 もっとピュッとハナに行けると思ったけど、思ったより簡単にいかなかったですね。マイペースで行けたら違うはず。
 <シゲルソウサイ=10着>幸騎手 芝でもやれる感触がありましたね。これなら大丈夫でしょう。
 <アドマイヤサガス=11着>小牧騎手 見ての通りです。4角で寄られて全く競馬にならなかったよ。
 <タガノロックオン=12着>田辺騎手 位置は出たところでと思っていた。ダートのほうがいいかも。
 <タツミリュウ=13着>江田照騎手 抜群のスタートだったけど不利があって競馬にならなかった。しまい伸びていたからね。距離は延びてもいいと思う。
 <エーシンブラン=14着>蛯名騎手 寄られてはいるけど脚色はいっぱいだったね。前半力んでしまって、4角で息切れしていた。
 <マジカルポケット=15着>安藤勝騎手 久々でテンションが高く、自分のリズムで走れなかった。外枠、距離うんぬんは関係ない。これが実力じゃないよ。
 <ブラウンワイルド=16着>浜中騎手 1200メートルを使ってきた馬だし、血統的にはダート。この馬にあった条件なら巻き返せる。



posted by うまのり at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ジャパンカップダート 的中

藤田騎手、やりましたね。
トランセンドも逃げ粘り、力の強さをだしました。

この馬がもし内枠にきたら、軸にしようと決めていました。

前走のみやこSでも1枠1番でいい逃げでねじ伏せましたからすごいです。
それにしても逃げ馬でG1優勝はかなり強いと思います。
これからも期待しています。
惜しかったのは3歳馬のバーディバーディ、結構がんばりましたが、あと一息でした^^

うまのりの予想印
◎トランセンド1着
○バーディバーディ4着
▲シルクメビウス5着
△グロリアスノア2着
△ダイシンオレンジ8着
△ヴァーミリアン14着
注キングスエンブレム9着

結果、馬連の的中:配当¥4,350−

それでは、レース後のジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより)
1着 トランセンド 藤田伸二騎手
「人気に応えることができて嬉しいですね。スピードのある大型馬で、とにかくこの馬のリズムでレースをすることを第一に考えて臨みました。大型馬でストライドの大きな馬なので、思っている以上にスピードが出ています。とにかく前走と同様のメンバーで外国馬がいない中、絶対に勝ちたかったですからね。GIホースになった今後は胸を張って勝ち続けて欲しいですね」

2着 グロリアスノア 小林慎一郎騎手
「1コーナーであのまま行ったら、前まで行ってしまいそうな勢いだったので、あえて下げました。直線では馬群を縫って伸びてくれました。勝負どころの反応が以前に比べてよくなっていて、闘争心が増しているようです」

3着 アドマイヤスバル 中尾秀正調教師
「小牧騎手が真面目に走っていないと言っていました。でも、今回は本当に健闘してくれました。まだまだのびしろがありそうです」

4着 バーディバーディ 池添謙一騎手
「逃げるのはトランセンドだと思っていたので、マークしてレースをしました。直線は外に出して、勝てると思ったのですが……。3歳馬としてはよく頑張っています」

5着 シルクメビウス 田中博康騎手
「1〜2コーナーで内に包まれて、外に出すのに手間取ってしまいました。結果、外々を回るレースになり、そこで脚を使ってしまいました。グロリアスノアの後ろにいたので、結果的にはその後ろを進んでいけばよかったかもしれません」

7着 ラヴェリータ 岩田康誠騎手
「ゲートからスッと出て、イメージ通りでしたが、直線は伸びませんでした」

9着 キングスエンブレム 福永祐一騎手
「これまであまり気難しい面を見せませんでしたが、今日初めてそういった面を見せました。その分、勝負どころから伸びませんでした」

(日刊スポーツより)
<バーディバーディ=4着>池添騎手 考えていた通りトランセンドをマークできて、直線も並ぶところまではいったんですけどね。もう少しだった。
 <クリールパッション=6着>津村騎手 3〜4角で突っかかりそうになって、さばくのに手間取った。その割には頑張っているし、力をつけている。来年が楽しみですよ。
 <ラヴェリータ=7着>岩田騎手 いいレースはできた。もうひと踏ん張り。
 <ダイシンオレンジ=8着>庄野師 前回ゲートを出していったので、何もせずに流れに乗れた。もう少し…何かが足りなかった。
 <マルカシェンク=10着>吉田隼騎手 ゲートでもたれてはいたが、この馬としては出てる方。伸びているが前残りの流れで…。
 <オーロマイスター=11着>吉田豊騎手 気分良く行きすぎて伸びを欠いた。もう少し短い距離なら力を出せると思う。
 <ダイショウジェット=12着>大根田師 去年と同じ競馬をしても仕方がないので、しまいにかけたんだけどね。
 <トーセンブライト=13着>勝浦騎手 内に入れて追走し、ムキになるところもなかった。
 <マカニビスティー=15着>デムーロ騎手 何かやってくれそうな雰囲気を感じたが、ゲートを出てからは一変してズブく、集中して走ってないようだった。
 <アリゼオ=16着>ルメール騎手 ゲート内で落ち着きがなく、後ろからのレースに。砂を被っても行きたがり、4角ではもうスタミナがなかった。
posted by うまのり at 10:27| Comment(4) | TrackBack(2) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステイヤーズステークス 的中

コスモヘレノスが最後しぶとく突き抜けました。
データから、
コスモヘレノスとシグナリオを抽出しましたが、
シグナリオは不出馬だったので、コスモヘレノスがきちゃいましたね^^

うまのりの予想印
◎コスモヘレノス1着
○フォゲッタブル5着
▲ネヴァブション3着
△ジャミール2着
△トウカイメロディ9着
△エアジパング8着

結果、馬連的中:配当¥2,500−
買い方によっては、3連単、3連複当たってたー、残念、よくやるパターンやわ^^

それではレース後のジョッキーコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより)
1着 コスモヘレノス(松岡騎手)
「2〜3番手につけたくてスタートを気をつけました。道中は自分のペースで進め、手応えもずっと楽でした。後はどこに出そうかと考えるだけでした。距離ももちますし、天皇賞などで頑張って欲しいです」

3着 ネヴァブション(後藤騎手)
「1周目でハミを噛んで折り合いを欠いてしまいましたが、それが最後に響いたようです」

4着 モンテクリスエス(内田博騎手)
「行かないイメージがありましたが、今日は行きっぷりが良くなっていました。状態も良かったです。長い距離が合っていて、競馬がしやすいです」

5着 フォゲッタブル(デムーロ騎手)
「スローペースだったので手応えも良く、早めに動いて行きましたが、その後ペースが速くなってしまい、踏ん張りが利きませんでした」

(日刊スポーツより)
<ジャミール=2着>安藤勝騎手 最後はいい脚を使ってくれたが、気性的なものもあってなかなか勝ち切れないね。
 <ネヴァブション=3着>後藤騎手 1周目でハミをかんで少し折り合いを欠いたのが最後まで響いた。
 <モンテクリスエス=4着>内田騎手 以前と比べ行きっぷりが良くなった。状態も良くなっているね。
 <フォゲッタブル=5着>デムーロ騎手 スローで手応えも良かったので早めに動いたが、ペースが急に上がって踏ん張り切れなかった。
 <トウカイメロディ=9着>吉田隼騎手 1周目でぶつけられたが、ところどころハミを抜いて走れた。もう少しいい競馬ができると思ったが、3コーナー手前で手応えが怪しくなった。
posted by うまのり at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

ジャパンカップ 的中

今年のジャパンカップはすっきりしない結末となりました。

自宅でテレビ観戦していました。
ブエナビスタが本場場入場でも落ち着いていていい感じを受けました。
ナカヤマフェスタは気合が入りすぎているのか、発汗が目立ちました。

最後の直線、完全にブエナビスタが抜け出し、文句なしの優勝と思い、
2着はどっちや!
内のヴィクトワールピサか、外のローズキングダムか?
テレビでは、内のヴィクトワールピサが有利なようにも見えました。

写真判定の結果、2着にローズキングダムということで


審議の時間が長引いて、ひょっとして、まさかブエナが進路妨害?
まさか、降着で着外かと思っていたら、

そこでフジテレビのみんなのけいばが放送終了。

インターネットのPATの状況をチェックしたら、
なんと、ローズキングダムが1着繰り上がりみたいになっており、びっくり。

2着にはブエナビスタが降着という結果に。

馬券はいずれも馬連だったので的中でしたが、いまひとつすっきりしない結末となりました。

たしかにブエナビスタがローズに寄っていたのがわかりましたが、残念なかたちとなりました。

これで武豊騎手は23年連続G1勝利ジョッキーとなり、新たに伝説を作りました。
すごいことですよね。今年は落馬事故もあって、まず難しいと思っていましたが。
おめでとうございます。さすが天才ジョッキー、武豊!

うまのりの予想印
◎ローズキングダム1着
○ブエナビスタ2着(降着)
▲エイシンフラッシュ8着
▲ナカヤマフェスタ14着
△シュルスデゼーグル9着
△ヴォワライシ16着

的中馬券:馬連配当¥710−

ということで、ジョッキーのコメントをどうぞ↓
(ラジオNIKKEIより)
1着 ローズキングダム 武豊騎手
「今日はこれまで2戦と比べても、妙に馬が落ち着いていて、戦前は『これはどうかな?』と感じていました。内枠が欲しかったので、6番枠はよかったですし、1コーナーへの入りはエイシンフラッシュのすぐそばで、いい感じでした。道中は行きっぷりが良すぎるぐらいで、馬をなだめるほどでした。直線も不利はありましたが、そこまでは前も開いて、しっかりと伸びてくれました。GIを勝てたことは嬉しいです。今年は怪我もあり、いい馬に巡りあえないかもしれないと思っていましたが、こういう素晴らしい馬に会えて、勝利をプレゼントできたことが本当によかったです。次は1位入線で1着になりたいと思います」

橋口弘次郎調教師のコメント
「勝ちましたけど、複雑な気持ちです。秋3戦目、関東への輸送でしたから、春のように体も減るのかと思いましたが、菊花賞からマイナス2キロ。確実に馬が成長してくれています。菊花賞は位置取りが後ろすぎましたが、今日は思い通りの位置につけて、しめしめと思って見ていました。直線、不利はありましたが、そこから見せてくれた根性には目を見張るものがありました。最後のひと伸びとあの根性は本当に素晴らしかったです。これだけのメンバー相手にやれましたし、次は有馬記念に正々堂々と向かいます」

2着 ブエナビスタ C.スミヨン騎手
「ゲートを出て他馬に寄られて躓いて、後方寄りのポジションになりましたが、馬を信じて行きました。直線は内から来た馬(ヴィクトワールピサ)が隣の馬(ローズキングダム)に寄って、その隣の馬がこちらに来たので手前を替えてしまい、内にササルような感じになりました。ここは日本なので日本のルールに従います。次に向けて頑張りたい。それでもブエナビスタの力は証明できたと思います」

3着 ヴィクトワールピサ 角居勝彦調教師
「ギリギリまで走って、厳しい競馬でした。レースの後、ジョッキーからは若干距離が長いと言われました。このあとはオーナーと相談になりますが、距離が長いというならドバイを選択肢に入れて考えたいと思います」

4着 ジャガーメイル R.ムーア騎手
「自分のリズムで走るまでに時間がかかりました。ブエナビスタをマークして進みましたが、勝負どころであっという間に離されてしまいました。この馬の力は出せたと思います」

5着 ペルーサ 安藤勝己騎手
「ゲートで待たされている間、だんだんテンションが上がって、ゲートを飛んで出てしまいました。そうなると位置が後ろになって、腹をくくるしかない。直線も馬群をぬいながらあそこまで来るのだから、力はあります。まだ3歳ですし、これからですよ」

6着 メイショウベルーガ 池添謙一騎手
「スタートから積極的に出して行きました。リズムよく勝負どころも我慢してレースができました。直線、外の馬に馬なりで交わされてからもよく頑張ってくれました。力をつけているし、これからが楽しみです」

8着 エイシンフラッシュ 内田博幸騎手
「もう少し馬の後ろにつけたかったのですが……。久々だったし、まだ3歳ですからね」

12着 シンゲン 藤田伸二騎手
「ゲート早すぎるのもなぁ。最悪、こういう展開になるかもと思っていたんです」

14着 ナカヤマフェスタ 蛯名正義騎手
「なんだろう、久しぶりのせいかな。ペースも遅くて、いい感じで思い通りに行きましたが、最後は伸びなかったですね」

(日刊スポーツより)
<メイショウベルーガ=6着>池添騎手 状態は良かった。積極的に乗ろうと出していった。リズムも良かったが直線は馬なりでかわされてしまったね。
 <オウケンブルースリ=7着>ルメール騎手 いい感じで運べたが、勝負どころで離されてしまった。
 <エイシンフラッシュ=8着>内田騎手 もう少し馬の後ろにつけたかった。久々だったし最後はかわされたけど頑張ってくれた。
 <ジョシュアツリー=10着>オドノヒュー騎手 まだ3歳だし、これから成長してくれると思います。
 <ダンディーノ=11着>マルレナン騎手 いいポジションで走れた。直線も伸びていたが、日本馬が強くてハードなレースだった。
 <シンゲン=12着>藤田騎手 こういう展開になるかなと思っていたので。
 <モアズウェルズ=13着>マイヨ騎手 流れがもっと速いほうが良かった。
 <ティモス=15着>ペリエ騎手 中団からだったが、4角を回って脚が残っていなかった。この馬には上がりの時計が速かった。
 <ヴォワライシ=16着>デムーロ騎手 もう少しハイペースの競馬をしたかった。馬場が悪くなければ。
 <マリヌス=17着>ボニヤ騎手 最後の直線で内側の馬にはじかれたのがすべて。道中はうまく運べていたのでとても残念です。
 <フィフティープルーフ=18着>スタイン騎手 いい感じで進んだが、最後はバテて脚が上がっていた。
posted by うまのり at 10:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

武蔵野ステークス 的中

なんと、ブラボーデイジー3着の激走!
いつもは馬連なんですが、さすがに人気薄のためか、
このブラボーデイジー、マルカシェンク、ティアップワイルドに
ワイドで流していました。

的中馬券:ワイド配当¥3,700-

グロリアスノアはダートでいよいよ復活の兆しになったでしょう。
2着に粘ったダノンカモンもよくがんばった。
3着に入ったブラボーデイジーもほんとよく走った。

ということで、ジョッキーのコメントをどうぞ↓
レース後のコメント
1着 グロリアスノア 戸崎圭太騎手
「返し馬で、調子のよさを感じましたし、いい馬だと思いました。スタートも速く、いい感じで道中は気分よく走っていました。馬に力がありますので、内が開けば伸びる感じで、強い勝ち方でした」

矢作芳人調教師のコメント
「放牧先からいい状態で戻ってきました。休み明けは走りますし、仕上がっていましたので今日はいいと思っていました。能力的には十分やれる馬ですし、ジョッキーも完璧に乗ってくれました。次走は使うならJCダートになりますが、使うかどうかはオーナーと相談して決めます」

2着 ダノンカモン 三浦皇成騎手
「うまいことスローで折り合って、外枠も苦にしませんでした。返し馬も充実していて、抜け出してから遊ぶところも併せ馬になってうまくいきました。できれば勝ちたかったが、次につながる内容だったと思います」

3着 ブラボーデイジー 北村友一騎手
「このところ、芝のレースでもいいところがなかったのでダートを使ってみましたが、しっかり走ってくれてよかった。ダートの走りも悪くないし、4コーナーの手応えもよかったです。最後、差し返されたのは残念ですが、よく頑張っています」

4着 ユノゾフィー 横山典弘騎手
「今日はテンションも落ち着いていて、馬が成長していましたね。思ったよりペースが落ち着いて、外を回らされる形になったが、よく頑張っています。スタートも前回、今回とよくなっているし、まだ4歳馬なのでこれからが楽しみです」

6着 バーディバーディ 松岡正海騎手
「だいぶいい頃に戻ってきている。次が楽しみです」

7着 シルクフォーチュン 小牧太騎手
「気のいいタイプで、なだめてなだめてレースをする馬なので外枠は厳しい。最後は脚を使って、よく頑張っています」

15着 ケイアイガーベラ 秋山真一郎騎手
「距離でしょうか……。4コーナーで手応えが怪しくなってしまった」 (ラジオNIKKEIより)


posted by うまのり at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

みやこステークス 的中

本命のトランセンドがいい脚で逃げてくれました。
1枠の利も生かして藤田騎手がいいかんじでレースをしてくれました。
やはり力のある馬ですね。JCDも楽しみになってきました。
2着にはこれまたすごい脚で突っ込んできたキングスエンブレム、こちらは
本当に強さを感じました。あとは4コーナーでの位置取りだけではないでしょうか。

的中馬券:馬連配当¥470−
がみっちゃいましたが、よしとしましょう。
枠連¥480のほうが高い!たらーっ(汗)

ラジオNIKKEIより
1着 トランセンド(藤田騎手)
「前走で負けた相手を考えれば力は上だと思いましたし、今日は最後まで気を抜かずに走ってくれました。まだ道中遊びがあるくらいで、直線を向いても手応えは十分残っていました。本番(JCダート)でも自分の競馬をするだけですし、今日の調子ならいい勝負が出来ると思います」

2着 キングスエンブレム(福永騎手)
「道中砂を被って少し嫌がっていました。まだ若いところがある荒削りな中で結果を出していますし、最後まで強い相手に差を詰めていますから、若さが解消されていけば今後が楽しみです」

日刊スポーツより
 <サクラロミオ=3着>藤岡佑騎手 枠が外なので内に潜り込んだ。エンジンがかかるのが遅いけど、力をつけている。
 <アドマイヤスワット=4着>古川騎手 自分の形で競馬ができた。よく頑張ってくれている。
 <パワーストラグル=5着>後藤騎手 4コーナーで夢を見たけど、その後は現実とギャップがあった。
 <ワンダーアキュート=6着>和田騎手 4コーナーまで手応えは良かった。使って変わってくれそう。
 <クリーン=7着>北村友騎手 内枠でロスなく行けた。メンバーが強くなっても頑張ってくれた。
 <ドリームライナー=8着>秋山騎手 息が入らない展開で苦しかった。
 <クリールパッション=9着>津村騎手 リズム良く行けたけど、札幌で見せるような末脚がなかった。
 <ワンダースピード=10着>小牧騎手 枠が外で厳しかった。
 <ダイシンオレンジ=11着>川田騎手 久々としては走っている。これで変わってくれるはず。
 <ナニハトモアレ=12着>池添騎手 休み明けだったので…。
 <アドマイヤシャトル=13着>四位騎手 ペースが速くて追走に手いっぱいだった。素質はあるけど…。
 <ロールオブザダイス=14着>浜中騎手 好位の内でこの馬のレースはできたけど、時計が速すぎた。
 <プレファシオ=15着>熊沢騎手 出遅れて、向正面で手応えがなくなった。
 <フサイチピージェイ=16着>幸騎手 向正面で苦しくなってしまった。
posted by うまのり at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

菊花賞 的中

武豊、惜しくも2着、ローズキングダム、最後のクラシックも無念の2着!
残念でしたね。

昨晩、情熱大陸の番組で武豊特集でした。菊花賞当日の番組でしたので、
勝ちたかったことでしょう。
しかし、デビュー以来の連続G1勝利は次走持ち越しとなりました。
なんとか23年連続を達成して、これからも偉業を成し遂げてほしいと思います。

しかし、1着のビッグウィーク、川田騎手やりましたね。
7番人気の中穴馬でしたが、根性ある馬ですね。
これからの長距離路線が楽しみですね。

的中馬券:馬連配当¥2,170−
     枠連配当¥1,910−

それでは、各ジョッキーのコメントをどうぞ↓

1着 ビッグウィーク(川田騎手)
「この馬にとって一番いいリズムで走らせてあげられればと思っていたので、思い通りでした。逃げ馬の後ろで道中しっかりと我慢してくれて、3コーナー辺りで動いて行くのも思い通りでした。前は捕まえられると思いましたが、最後まで頑張ってくれ、と願いながら追っていました。一戦毎に色々なことを覚えてくれて、使われながら本当に強くなってくれました。本当に偉い馬です。僕もスプリンターズSで応援してくれた人々にご迷惑を掛けてしまったので、これでそのお詫びが出来たかなと思います」

2着 ローズキングダム(武豊騎手)
「残念ですね…。レースの流れはある程度想定していた範囲内でしたが、ちょっと4コーナーでモタついて、反応が悪くて、内にモタれてしまったのが誤算でした。折り合いは前回よりついて、道中もスムースでしたが、その割に4コーナーでモタついてしまったのが響きました」

(橋口調教師)
「力は見せてくれました。ロスなく折り合いもついて、いい競馬でした。あと3完歩あったらかわっていたでしょう。一番強い競馬を見せてくれたと思います。次は有馬記念を考えています」

3着 ビートブラック(幸騎手)
「勝ち馬と同じ位置で我慢してレースを進めました。4コーナーでは止まりかけましたが、直線はまた伸びました。やっぱりステイヤーですね」

4着 レーヴドリアン(福永騎手)
「いいスタートが切れたので下げるのも…と思いましたし、絶好位につけました。ただ、勝負どころで動けなかったのが痛かったですね。早めにエンジンを掛けたかったのですが、内で動けませんでした」

5着 コスモラピュタ(津村騎手)
「いい感じで引き離す逃げは打てたのですが、残り100mで一杯になってしまいました。でも力をつけてきていますし、今後が楽しみです」

6着 トウカイメロディ(後藤調教師)
「折り合って走っていました。ただ、ちょっと外に出すタイミングが遅かったかもしれません。また次に頑張ります」

7着 ヒルノダムール(昆調教師)
「運がなかったですね。直線でエンジンが掛かるところで閉められてしまいました。でもこれも競馬ですから仕方がないです」

9着 クォークスター(藤岡佑騎手)
「ゲートはゆっくり出る感じ、ゴチャつかないようにレースを進めました。この馬もいい脚を使っていますが、前が止まりませんでした。やはり2000m前後の方がいいかもしれません」

10着 ゲシュタルト(池添騎手)
「いい感じでレースを進めて、3〜4コーナーでは手応えがありました。しかしまだ良化の途中…、次は良くなって来そうです」

13着 ネオヴァンドーム(武幸騎手)
「ずっとハミを噛んで力んで走っていました」

15着 シルクオールディー(四位騎手)
「今はまだ能力差を感じます。徐々に力をつけていくのを待つしかないでしょう」
(ラジオNIKKEI引用)
タグ:菊花賞
posted by うまのり at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 的中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。