万馬券への道: JRAニュース

2010年02月10日

新ジョッキーのコメント

今年の競馬学校卒業生は6名。
フレッシュはいいものですね。
今後の活躍に期待しています。
がんばってください。

JRAニュースより以下
本日(2月9日(火))、JRA競馬学校(千葉県白井市)において、騎手課程第26期生(6名)の卒業式が行われました。
 なお、卒業した6名は、騎手免許試験に合格すれば(明日10日(水)合格発表)、3月から中央競馬の騎手としてデビューする予定です。

【卒業生】
川須 栄彦(かわす はるひこ) 18歳 福岡県出身 (栗東・本田 優厩舎所属予定)
菅原 隆一(すがはら りゅういち) 17歳 茨城県出身 (美浦・保田 一隆厩舎所属予定)
高倉 稜(たかくら りょう) 18歳 熊本県出身 (栗東・崎山 博樹厩舎所属予定)
西村 太一(にしむら たいち) 19歳 大阪府出身 (美浦・和田 正道厩舎所属予定)
平野 優(ひらの ゆう) 20歳 東京都出身 (美浦・二ノ宮 敬宇厩舎所属予定)
水口 優也(みずぐち ゆうや) 18歳 茨城県出身 (美浦・加藤 征弘厩舎所属予定)

 全教育期間を通じ、実技、学科ならびに修学姿勢・生活態度が特に優秀であった生徒に贈る「模範賞」は西村 太一が、アイルランド大使が特に優秀と認めた生徒に贈る「アイルランド大使特別賞」は、高倉 稜が受賞しました。
 式典に先立ち行なわれた「卒業記念模擬レース」は、高倉 稜が1着となりました。この結果、模擬レースシリーズ“競馬学校チャンピオンシップ2010”の総合優勝者は、川須 栄彦となりました。
※ “競馬学校チャンピオンシップ2010”とは、実践訓練の一環である模擬レース(全10戦)の結果をポイント化し、獲得ポイントを競うものです。

<卒業式における、各生徒のスピーチ内容は、次のとおりです。>

川須 栄彦(かわす はるひこ) “競馬学校チャンピオンシップ2010”総合優勝
「ようやく騎手としてのスタート地点に立てたわけですが、今まで以上に努力して活躍できるようになりたい。」

菅原 隆一(すがはら りゅういち)
「厳しい訓練に明け暮れた3年間でしたが、無事卒業することができました。今まで支えてくださった方々に恩返しができるように頑張っていきたい。」

高倉 稜(たかくら りょう) アイルランド大使特別賞
「常に勝つことを意識して、一勝一勝積み重ね、トップジョッキーになることを目指していきます。」

西村 太一(にしむら たいち) 模範賞
「周囲の支えがあった。騎手としてデビューできれば、常に感謝の気持ちを忘れずに騎乗していく。」

平野 優(ひらの ゆう)
「多くの人を支えられる人になっていきたい。また、騎手として、そして一社会人としてすばらしいと思われる人になりたい。」

水口 優也(みずぐち ゆうや)
「人として大きく成長していく姿をお見せできるよう努力していきますので、応援よろしくお願いします。」



posted by うまのり at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

小林騎手おめでとう

日刊スポーツより、こういった記事が出ると、
ほんと、うれしいですね。こみあげてくるものがありました。

デビュー11年目の小林慎一郎騎手(28)が、初の重賞制覇を果たした。単勝11番人気グロリアスノア(牡4、栗東・矢作)とのコンビで、直線前が開くと猛然とスパート。一気に先頭に立ちゴールした。04年には騎乗数が半減し、0勝に終わるというどん底を味わった苦労人が困難を乗り越えた末、重賞5度目の挑戦で手にしたタイトルだ。

 待っていた。この時が来るのをずっと願っていた。直線半ば、前が開く。小林慎は夢中でグロリアスノアを追った。次にいつ訪れるか分からない重賞初制覇のチャンス。必死だった。抜群の手応えで馬も伸びていく。先頭でゴールを駆け抜けた。11年間の思いが詰まったゴールだった。

 「たまらない気分です。みなさんに感謝したい」。こみ上げてくる感情を抑えて、そう話した。「全然乗り馬がなくて、騎手という職業をどうしようかと思った時期もあった」と振り返る。00年にデビューし、02年まで騎乗数は200前後。順調ともいえるスタートを切ったが、03年は111回で3勝。04年はさらに騎乗数は半減し、56。そしてただの1勝も挙げられなかった。

 転機となったのは矢作厩舎が開業し、その所属になったこと。「そして何よりグロリアスノアに出会えたことが大きかった」と言う。昨年は大井のジャパンダートダービーに乗った。統一G1とはいえ、初めてのG1をグロリアスノアが経験させてくれた。「ここで結果を出すことができて本当によかった」と感無量の表情を見せた。矢作芳人師(48)も、小林慎をたたえた。「今年に入ってからリズムがいいし、本当にうまく乗った。彼で勝てたのは大きい」。21日に控えるフェブラリーS(G1、ダート1600メートル、東京)を見据えての言葉だった。

 レース後、初めて招かれた重賞のシャンパンルーム。「一気に3杯、シャンパンを飲まされました」と小林慎はうれしそうに言う。だが11年間の思いはシャンパン3杯では、まだ足りない。【三上広隆】

 [2010年2月1日8時45分 紙面から]
posted by うまのり at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

ウオッカ、数年間アイルランドで繁殖生活

あの、ウォッカが外国で繁殖生活とは、驚きです!
しかも、あの凱旋門賞のシーザスターズと交配予定とは!

日刊スポーツより、
牝馬として史上初めて2年連続年度代表馬となったウオッカ(牝6、栗東・角居)は、ドバイ遠征後にアイルランドに数年間滞在して繁殖生活を送ることになった。

 ドバイWC出走後は、アイルランドのギルタウンスタッドに移動。昨年の凱旋門賞馬シーザスターズと交配する予定で、その後も数年間は現地で繁殖生活を送る。

 ウオッカは2月10日の出国へ向けて栗東で調整中。角居師は「(ジャパンC後に)鼻出血があったが、大丈夫なように回復している。ドバイへは3回目になるが、新しい競馬場と馬場になるし、精いっぱい頑張ってもらいたい」と3度目のドバイ挑戦へ向けて意気込みを語った。


posted by うまのり at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

的中投票数わずか7票!

先日の京都の大万馬券は的中投票数わずか7票!
すごいことですね。
当てた人がいるんですから、ほんと、びっくりです。
うらやましいですね。

1457万馬券!!!
16日の京都競馬4Rで、JRA史上3位、の高額配当となる3連単1457万5600円が出た。過去のJRA最高配当は05年10月22日の東京12Rの1846万9120円。
posted by うまのり at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

競走馬の胃潰瘍!

しかし、競走馬も大変なんですね。
競走馬の80%が胃潰瘍だなんて、ほとんどの競走馬が
そうなんですかね。驚きです。
人間も馬も社会のストレスはたまりやすいのかも・・・

日刊スポーツより引用
ストレス?日本の競走馬の80%超が胃潰瘍

 サラブレッドも大変だね〜。競走馬の職業病とも言える疾患が胃潰瘍(かいよう)だ。生まれてから走ることを義務付けられ、厳しいトレーニングを課されてストレスはたまる。症状の程度の差はあるが、競走馬の80%以上が胃潰瘍。予防と治療の手助けとなる馬用の治療薬が昨年7月に日本でも承認された。すっきり治して元気になれよ〜。

 患者 最近、あまり食欲がなくて…。

 医師 熱などの症状はありませんか?

 患者 熱は大丈夫です。トレーニングもバリバリしていますから。ただ、あまり動けていない感じもします。タイムもあまり伸びていなくて…。

 医師 うーん、ストレスでしょう。胃のお薬を出しておきますね。

 こんなやりとりは、人間の世界だけではない。JRA競走馬総合研究所が96年に行った調査では、日本の競走馬の85・4%が胃潰瘍という数字が出ている。欧米でもほぼ同じ。痛みはほとんどなくボロ(ふん)も普通なので、食欲不振、毛づや、機嫌などを観察しなければ分かりにくい。人間の胃は食物を分解、吸収するが、馬の胃は分解のみ。栄養素の吸収は腸で行われる。

 原因はトレーニング、輸送などのストレスが主。もうひとつは馬の胃の形状にもあるとされる。胃の下半分の腺部(液を分泌する器官)は胃酸からガードされるが、胃潰瘍の80%は上半分の無腺部にできるとされる。競走馬は走ることにより激しい上下運動が繰り返される。胃の内部で胃酸がシェークされることで、ガードされない無腺部が潰瘍になるケースもある。

 予防、治療のため馬専用の胃腸薬「ガストロガード」が昨年7月、発売された。すでに二十数カ国で承認されており、ようやく日本でも発売が開始された。

 胃潰瘍の診断には内視鏡検査が必要。だがそのためには胃の中を空にしなければならず、トレセン在厩馬の検査は難しい。臨床試験は育成牧場などで行われた。ガストロガードを輸入するメリアルジャパンの永田正さんは「競走能力を高めるものではありません。その馬の持つ能力のすべてを出させるためのものです。臨床試験は約半年ほどでした」と話す。これまで、処方する薬は人間用か海外で売られている薬を個人輸入するしかなかった。1回につき人間用の数倍を投薬しなければならず、費用がかかりすぎる。馬用の特効薬が待ち望まれていた。

 処方は1日1度。同社の小竹康人さんは「食前でも食後でも関係はありません。毎日、同じ時間に与えてもらえれば」。注射器のような形の投薬機の中にペースト状の薬が入っている。カイバに混ぜずに、獣医師が直接馬の口から入れる。「アップルフレーバーのような味がついています。今まで馬が吐き出したことはないですね。にんじん味ですか? どうなんですかね(笑い)。どの味がよくてここにたどり着いたかは分からないですね(笑い)」。育成の段階から、予防を兼ねて服用させている牧場もある。費用は症状の改善までおおむね数万円といったところ。

 その昔は、胃潰瘍と分かっても、休養させることでしか改善はできなかった。治療薬は馬の自然治癒力を助ける。胃潰瘍が競走馬の職業病であるならば、うまく付き合っていくことで競走馬生活をより良いものにできるはずだ。【高橋悟史】
posted by うまのり at 16:10| Comment(1) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

各騎手のコメント

日刊スポーツより

<京成杯>◇17日=中山◇G3◇芝2000メートル◇3歳◇出走13頭

 <レッドスパークル=3着>藤田騎手 ゲートでうるさくて後手を踏んだが、よく差をつめたね。走ると分かったよ。
 <フラガラッハ=4着>田中勝騎手 ちょっとペースが遅かったかな。馬はこれから伸びてくれると思う。芝でも大丈夫だよ。
 <アースステップ=5着>吉田隼騎手 最後も伸びていたけど、ヨーイドンになってしまったら厳しい。
 <ログ=6着>北村浩騎手 楽なペースで行けた。最後は脚の違いが出たが、このクラスでもやれそう。
 <ローグランド=7着>吉田豊騎手 まだ未勝利を勝ったばかりだからね。ペースも遅かった。
 <ブルーグラス=8着>松岡騎手 中山は合いませんね。
 <タイムチェイサー=9着>後藤騎手 馬込みに入れるという課題通りのレースはできた。
 <テンノウセイ=10着>北村宏騎手 だいぶ我慢したが、最後の最後でもたれてしまった。
 <トーセンマリーン=11着>木幡騎手 乗り味はいいが、まだ若いかな。とにかくペースが遅かった。
 <フーガフューグ=12着>的場騎手 この馬には流れが向かなかった。
 <ブルーソックス=13着>クラストゥス騎手 前半掛かった分だけ最後に伸びきれなかった。


<日経新春杯>◇17日=京都◇G2◇芝2400メートル◇4歳上◇出走12頭

 <レッドアゲート=3着>浜中騎手 オンとオフを上手につけてくれた。今後につながる。
 <サンライズマックス=4着>武豊騎手 掛かったのは意外だったね。力んで走って、その分うまく立ち回れなかった。残念。
 <ゴールデンメイン=5着>小牧騎手 流れが速かったかな。3〜4角でもうひと伸びしたから、オッと思ったんだけど。
 <ベストメンバー=7着〉四位騎手 やっぱり休み明けだからね。エキサイトして折り合うまで時間がかかってしまった。次は良くなると思う。
 <セラフィックロンプ=8着>宮崎騎手 しまいはチョロチョロ伸びていたけど、メンバーが強かった。
 <インティライミ=11着>佐藤哲騎手 一番しんどいところで来られたのは確かだけど…。
 <テイエムプリキュア=12着>熊沢騎手 ゲートの出が悪かったし、ああいう(控える)形になってしまうと…。
(日刊スポーツ)
posted by うまのり at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

平成21年度厩舎関係者表彰・表彰式【中山・京都競馬場】

JRAニュース
各賞をとられて皆様、おめでとうございます。
これからもJRAをもりあげていってください。

【騎手】

優秀騎手賞

勝利度数部門
第1位 内田 博幸
第2位 武 豊
第3位 岩田 康誠
第4位 藤田 伸二
第5位 横山 典弘
※ 本会+本会指定競走

勝率部門
第1位 安藤 勝己
第2位 武 豊
第3位 内田 博幸
第4位 横山 典弘
第5位 藤田 伸二
※ 騎乗250回以上

賞金獲得部門
第1位 武 豊
第2位 内田 博幸
第3位 横山 典弘
第4位 岩田 康誠
第5位 藤田 伸二
※ 本賞及び付加賞
※ 地方交流差額分を含む

優秀障害騎手賞

第1位 五十嵐 雄祐
第2位 熊沢 重文
※ 10勝以上

最多勝利新人騎手賞

松山 弘平
※ 30勝以上

特別模範騎手賞

該当者なし
※ 優秀騎手賞の受賞者であって制裁を受けてない騎手


フェアプレー賞
(関東)

勝浦 正樹
木幡 初広
中舘 英二
横山 典弘
吉田 隼人
※ 30勝以上で制裁点数が10点以下の騎手

(関西)

熊沢 重文
四位 洋文
武 豊
太宰 啓介
※ 30勝以上で制裁点数が10点以下の騎手


【調教師】

最多勝利調教師賞

藤沢 和雄
※ 本会+本会指定競走

最高勝率調教師賞

藤沢 和雄
※ 延べ100頭以上出走

最多賞金獲得調教師賞

音無 秀孝
※ 本賞及び付加賞
※ 地方交流差額分を含む

優秀調教師賞
(関東)

第1位 加藤 征弘
第2位 藤沢 和雄
第3位 久保田 貴士
第4位 堀 宣行
第5位 戸田 博文

(関西)

第1位 角居 勝彦
第2位 池江 泰寿
第3位 矢作 芳人
第4位 藤原 英昭
第5位 音無 秀孝


【厩舎スタッフ】

優秀厩舎スタッフ賞
(関東)

第1位 加藤 征弘 厩舎スタッフ
第2位 藤沢 和雄 厩舎スタッフ
第3位 久保田 貴士 厩舎スタッフ
第4位 堀 宣行 厩舎スタッフ
第5位 戸田 博文 厩舎スタッフ

(関西)

第1位 角居 勝彦 厩舎スタッフ
第2位 池江 泰寿 厩舎スタッフ
第3位 矢作 芳人 厩舎スタッフ
第4位 藤原 英昭 厩舎スタッフ
第5位 音無 秀孝 厩舎スタッフ
posted by うまのり at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

中山第4レース落馬事故のその後

大惨事になってしまった中山第4レース。
落馬してしまった騎手の怪我は大丈夫でしょうか。
早く治して復帰してもらいたいものです。
三浦騎手も落ち込まずに精進していってほしいものです。

以下JRAニュースより落馬した馬と騎手の状態です。

12番   フォルメン号(勝浦 正樹騎手)
  第4コーナーで10番ノボプロジェクト(三浦 皇成騎手)
    の外側への動きによる影響で転倒したため競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 右大腿部筋挫傷 ※本日の騎乗不可

4番   ライラックパンチ号(内田 博幸騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
   で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 左尺骨近位骨幹部骨折 ※本日の騎乗不可

16番   ジュアンレパン号(蛯名 正義騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
    で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 口唇裂傷、背部打撲 ※本日の騎乗不可

9番   バルビゾン号(後藤 浩輝騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
    で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 腹部・腰部打撲 ※本日の騎乗可

5番   トラストフウジン号(柴山 雄一騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
    で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 異状なし

7番   バトルスウィーパー号(中舘 英二騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
    で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 顔面挫創、頚椎捻挫 ※本日の騎乗不可

6番   ローレルデパール号(北村 宏司騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
    で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 異状なし

15番   シルクメガリス号(松岡 正海騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
    で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 口腔内裂傷、左側胸部打撲 ※本日の騎乗不可

2番   オンワードオルデン号(小林 久晃騎手)
  先に転倒した馬に触れ騎手が落馬したため、第4コーナー
    で競走を中止
  馬 : 異状なし
    騎手 : 異状なし

posted by うまのり at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ワンモアチャッター号が競走馬登録抹消

先日の中山金杯にてレースに出ていた、ワンモワチャッター号。
向こう正面で最後尾にいて、なんだか走っていて辛そうだなと思っていた矢先、引退の発表でした。
本当にお疲れ様でした。

2005年朝日チャレンジカップ(GIII)に優勝したワンモアチャッター号(牡10歳 美浦・佐藤 吉勝厩舎)は、1月9日(土)付で競走馬登録を抹消しますのでお知らせいたします。
 なお、同馬は茨城県北相馬郡利根町の風ライディングパークにて乗馬となる予定です。

○ワンモアチャッター号 
※重賞勝鞍 2005年 朝日チャレンジカップ(GIII)

JRA通算成績 51戦6勝 獲得賞金 197,433,000円 (付加賞含む)

posted by うまのり at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

ウオッカが2年連続年度代表馬

ウォッカ号、おめでとう!
2年連続はたいしたもの、なかなかとれませんよ。
今年こそはドバイで優勝してください。

日刊スポーツより
JRAは6日、「2009年度JRA賞受賞馬選考委員会」を行い、2年連続でウオッカ(牝6、栗東・角居)を年度代表馬に選出した。連続受賞は6頭目、牝馬としては史上初の快挙となった。鼻差の激戦を制したジャパンCなど、G1、3勝の戦歴が高い評価を受け、総票数287票中246票を獲得した。なお特別賞には、8歳でG1、2勝を挙げたカンパニー(牡9)が選ばれた。

posted by うまのり at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

内田騎手400勝達成!

おめでとうございます!
競馬ニュースより
内田博幸騎手(美浦・嶋田潤厩舎)は8Rでドリームマイスターに騎乗し1着となり、JRA通算400勝を達成。これは現役33人目、地方競馬出身騎手では4人目の記録達成となる。

【内田博幸騎手】

生年月日:1970年7月26日(39歳)
出身地:福岡県

免許取得:2008年3月1日付
初騎乗:1993年7月25日
 2回新潟4日2R ワカバトウショウ (5着/16頭)
初勝利:2002年4月21日
 3回東京2日1R イルラーゴ

通算成績:3055戦400勝
JRA重賞勝利:15勝(うちGI・4勝)
[GI勝利]
2007年 NHKマイルカップ (ピンクカメオ)
2008年 宝塚記念 (エイシンデピュティ)
2008年 菊花賞 (オウケンブルースリ)
2009年 フェブラリーS (サクセスブロッケン)
※成績は1回中山1日8R終了現在

内田博幸騎手のコメント
「関係者やファンの皆様のおかげだと思っています。これからも一歩一歩、500、600、と積み重ねていきたいと思います。昨年はリーディングが取れて、騎手として幸せでしたが、この(リーディングジョッキーの)名に恥じないよう、もっともっと大きなレースで活躍しなければいけないし、海外でも勝ちたいと思っています。本当のリーディングジョッキーは関西にいると思っているので、まだまだ喰らいついていきたいですし、今年も一所懸命期待に応えていけるよう頑張ります」 (ラジオNIKKEI)
posted by うまのり at 10:35| Comment(1) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリーロールス号が競走馬登録抹消

有馬記念で無念の競争中止となったスリーロールス号。
種牡馬の活躍を期待しています。お疲れ様でした。

2009年菊花賞(JpnI)などに優勝したスリーロールス号(牡4歳 栗東・武 宏平厩舎)は、1月6日(水)付で競走馬登録を抹消しますのでお知らせいたします。
 なお、同馬は今後種牡馬となる予定ですが行き先は未定です。

○スリーロールス号 
※重賞勝鞍 2009年 菊花賞(JpnI)

JRA通算成績 12戦4勝 獲得賞金 187,955,000円 (付加賞含む)
posted by うまのり at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

あけましておめでとうございます

2010年がスタートしました。
今年も予想にがんばります。
みなさんよろしくお願いします^^

昨年の各種リーディング等が発表されております。
内田騎手おめでとうございます。
また、新人賞は丸山元気騎手、
これからも活躍を期待しています。


・騎手 内田博幸146勝
・調教師 藤沢和雄 1着56回
・リーディグホース(2歳) ローズキングダム 103,840千円
         (3歳以上) ウォッカ 511,298千円
         (障害) キングジョイ 127,656千円

日刊スポーツより
内田騎手に東京競馬記者クラブ賞
 東京競馬記者クラブ(加盟18社156人)総会が28日、東京・港区のJRA六本木事務所で行われ、リーディングジョッキーに輝いた内田博幸騎手を今年の「東京競馬記者クラブ賞」に選出した。また、ダービーをロジユニヴァースで制した横山典弘騎手に特別賞を贈ることも決まった。

 内田博幸騎手 ノリさん(横山典騎手)をはじめ、みんなが頑張ってきたなかで賞をもらえたのは光栄です。今年は乗っている数が多かったのもありますが、大きな目標を立てて、それに1歩ずつ頑張っていけばかなうんだということを証明できたのはうれしいです。これを機に関東の競馬をみんなで盛り上げたいですね。


JRAホームページより

民放競馬記者クラブ賞

丸山 元気(まるやま げんき)騎手 <美浦・根本 康広厩舎>

(受賞理由)
 丸山 元気騎手は、本年デビューした騎手の中で、関東最多の8勝をあげたこと。そして騎乗停止などの大きな制裁がなかったことを評価し、受賞を決定した。

〜丸山 元気騎手のコメント〜
 「このたびは、関東の新人賞にあたる民放競馬記者クラブ賞をいただけて、とてもありがたく思います。数字は8勝と、関西の同期には及びませんでしたが、来年は、どんどん勝ち星を増やしていきたいと思っております。来年も応援よろしくお願いします。」

※ 民放競馬記者クラブ賞は、毎年最も優秀な成績を残した関東の新人騎手に贈られています。
posted by うまのり at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

競馬ニュース:競走馬登録抹消、インフル

ヤマニンメルベイユ号が競走馬登録抹消
本当にお疲れ様でした。
2009/12/23
 2008年ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)などに優勝したヤマニンメルベイユ号(牝7歳 美浦・栗田 博憲厩舎)は、本日付で競走馬登録を抹消しましたのでお知らせいたします。
 なお、同馬は北海道新冠郡新冠町の錦岡牧場にて繁殖馬となる予定です。

○ヤマニンメルベイユ号 
※重賞勝鞍 2008年 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)
北海道新聞杯クイーンステークス(JpnIII)

JRA通算成績 34戦7勝 獲得賞金 224,094,000円 (付加賞含む)


日刊スポーツより、
トーセンファントム競走能力喪失、乗馬に
 朝日杯FSのレース中に右前浅屈腱(けん)不全断裂を発症して14着に敗れたトーセンファントム(牡、栗東・松田国)が競走能力喪失と診断され、引退が決まった。23日、松田国師が発表した。近日中に福島県の天工トレセンに放牧に出され、今後は乗馬となる。

前回の朝日杯は本当に残念でした。乗馬になってもがんばってください。

騎手のインフルエンザ感染について


2009/12/22
 村田 一誠騎手(美浦・フリー)より、インフルエンザA型に感染(本日陽性判明)している旨の届出がありましたのでお知らせいたします。
 なお、同騎手は、医療機関において治療を受け、現在静養しています。


2009/12/23
 水出 大介騎手(美浦・フリー)より、インフルエンザA型に感染(21日(月)陽性判明)している旨の届出がありましたのでお知らせいたします。
 なお、同騎手は、医療機関において治療を受け、現在静養しています。


posted by うまのり at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

騎手のインフルエンザ感染について

かなり、はやっているみたいです。
気をつけてください。

本日、佐藤 哲三騎手(栗東・フリー)、太宰 啓介騎手(栗東・フリー)より、インフルエンザA型感染(陽性判明)の届出がありましたのでお知らせいたします。

 佐藤 哲三騎手は、昨日時点で解熱しておりますが、解熱後48時間以降に騎乗可能という医師の診断であるため、明日【12月19日(土)】の騎乗は不可となりました。なお、現在のところ明後日【12月20日(日)】については騎乗できる予定です。
 また、太宰 啓介騎手は、医療機関において治療を受け、現在静養していますが、医師の診断により、明日及び明後日【12月19日(土)・20日(日)】の騎乗は不可となりました。
 なお、これらに伴う騎手変更につきましては確定し次第お知らせいたします。
posted by うまのり at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

騎手のインフルエンザ感染について

ここ数日で3人もインフル感染になりました。
みなさんお気をつけてください。

2009/12/15
 本日、松山 弘平騎手(栗東・池添 兼雄厩舎)より、インフルエンザA型に感染(本日午前に陽性判明)している旨の届出がありましたのでお知らせいたします。
 なお、同騎手は、医療機関において治療を受け、現在静養しています。

2009/12/16
 本日、宮崎 北斗騎手(美浦・フリー)より、インフルエンザA型に感染(昨日に陽性判明)している旨の届出がありましたのでお知らせいたします。
 なお、同騎手は、医療機関において治療を受け、現在静養しています。

2009/12/16
 本日、西田 雄一郎騎手(美浦・フリー)より、インフルエンザA型に感染(本日陽性判明)している旨の届出がありましたのでお知らせいたします。
 なお、同騎手は、医療機関において治療を受け、現在静養しています。

posted by うまのり at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイアーゲーム号が競走馬登録抹消

ハイアーゲーム号が競走馬登録抹消

お疲れ様でした。

2009/12/16
 2004年テレビ東京杯青葉賞(GII)などに優勝したハイアーゲーム号(牡8歳 美浦・大久保 洋吉厩舎)は、本日付で競走馬登録を抹消しましたのでお知らせいたします。
 なお、同馬は北海道日高郡新ひだか町の静内スタリオンステーションにて種牡馬となる予定です。

○ハイアーゲーム号 
※重賞勝鞍 2004年 テレビ東京杯青葉賞(GII)
2007年 鳴尾記念(GIII)

JRA通算成績 36戦5勝 獲得賞金 273,041,000円 (付加賞含む)

posted by うまのり at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

武豊 通算3,300勝達成!

武豊22年9カ月かけJRA3300勝到達

本当におめでとうございます。全てが積み重ねなのですね。
勇気と希望を与えてくれて感謝です。

以下、日刊スポーツより、

JRA通算3300勝を達成した武豊騎手(撮影・渦原淳)  武豊騎手(40)が13日の阪神1Rをオメガブルーグラスで勝ち、JRA通算3300勝を達成した。デビューから22年9カ月。「うれしいですね。20年以上かけての数字。1つ1つの積み重ねと、多くの人に支えられてきたことを考えると感慨深いものがあります。これからも1つずつさらに勝ち星を伸ばしたい」と笑顔で語った。

 [2009年12月13日20時54分]
posted by うまのり at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

有馬記念ファン投票1位:ウォッカ出走せず

今年、昨年ファン投票1位で選ばれるも、出走せず、悔やまれます。
下のファン投票1位の結果も随分と歴史を感じます。

日刊スポーツより引用
ウオッカ3年連続有馬ファン投票1位は初!

 有馬記念のファン投票の最終結果が10日発表され、ウオッカが10万5059票で1位になった。ウオッカは07、08年も1位になっており、初の3年連続1位となった。ウオッカは鼻出血による出走停止で、昨年に続き出走しないが、ファン投票1位が2年連続で出走しなかったことも初めてとなる。過去のファン投票1位と着順は以下に。

09年 ウオッカ 出走せず
08年 ウオッカ 出走せず
07年 ウオッカ 11着
06年 ディープインパクト 1着
05年 ディープインパクト 2着
04年 ゼンノロブロイ 1着
03年 シンボリクリスエス 1着
02年 ナリタトップロード 4着
01年 テイエムオペラオー 5着
00年 テイエムオペラオー 1着
99年 スペシャルウィーク 2着
98年 エアグルーヴ 5着
97年 エアグルーヴ 3着
96年 マヤノトップガン 7着
95年 ヒシアマゾン 5着
94年 ナリタブライアン 1着
93年 ビワハヤヒデ 2着
92年 トウカイテイオー 11着
91年 メジロマックイーン 2着
90年 オグリキャップ 1着
89年 オグリキャップ 5着
88年 タマモクロス 2着
87年 サクラスターオー 競走中止
86年 ミホシンザン 3着
85年 シンボリルドルフ 1着
84年 ミスターシービー 3着
83年 アンバーシャダイ 3着
82年 モンテプリンス 11着
81年 ホウヨウボーイ 2着
80年 カツラノハイセイコ 2着
79年 サクラショウリ 6着
78年 プレストウコウ 12着
77年 テンポイント 1着
76年 トウショウボーイ 1着
75年 キタノカチドキ 8着
74年 ハイセイコー 2着
73年 ハイセイコー 3着
72年 イシノヒカル 1着
71年 アカネテンリュウ 出走取消
70年 アカネテンリュウ 2着
69年 マーチス 10着
68年 アサカオー 6着
67年 スピードシンボリ 4着
66年 ナスノコトブキ 5着
65年 シンザン 1着
64年 メイズイ 3着
63年 メイズイ 2着
62年 オンスロート 1着
61年 シーザー 4着
60年 コダマ 6着
59年 ハククラマ 12着
58年 カツラシユウホウ 出走せず
57年 ハクチカラ 1着
56年 キタノオー 2着
posted by うまのり at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイネカンナ号が競走馬登録抹消

マイネカンナ号が競走馬登録抹消

お疲れ様でした。繁殖馬になったら、いい馬の誕生を期待します。

2009/12/10
 2008年福島牝馬ステークス(GIII)に優勝したマイネカンナ号(牝5歳 美浦・国枝 栄厩舎)は、本日付で競走馬登録を抹消いたしましたのでお知らせいたします。
 なお、同馬は北海道新冠郡新冠町のビッグレッドファームにて繁殖馬となる予定です。

○マイネカンナ号 
※重賞勝鞍 2008年 福島牝馬ステークス(GIII)

JRA通算成績 28戦4勝 獲得賞金 105,796,000円 (付加賞含む)

posted by うまのり at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | JRAニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
競馬無料攻略情報はこちらから

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。